モノづくり日本会議、「自動運転」テーマに夏季特別シンポ開く

(2020/9/1 05:00)

モノづくり日本会議、名古屋産業人クラブ、日刊工業新聞社は31日、名古屋市中村区のホテルで夏季特別シンポジウム「自動運転・MaaSが創る次世代モビリティー社会 実用化に向けた取り組みと将来展望」を開いた。検温や消毒など新型コロナウイルス感染対策を行い、テレビ会議システムも合わせ計350人が聴講した。

東京大学の須田義大教授(写真)が「モビリティ・イノベーション 自動運転とMaaSの新たな展開」のテーマで講演し、「人ができない部分を自動運転が担う。移動輸送コンセプトの変化への対応が重要だ」と指摘した。モネ・テクノロジーズ(東京都千代田区)の小沢拓郎担当部長は「モネ・テクノロジーズの取り組みと展望」と題して講演。65自治体と進める移動サービスを介した街づくり事例を説明し「日本版MaaSを世界に提供できれば」と語った。

冒頭には日刊工業新聞社の井水治博社長と名古屋産業人クラブの森誠会長(富士精工会長)があいさつし、モノづくりによる産業競争力強化を訴えた。(名古屋)

(2020/9/1 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる