社説/自民党総裁選 経済復興で政策論争を望む

(2020/9/4 05:00)

自民党総裁選に、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長が出馬を表明した。コロナ禍で大きく傷ついた国民生活、企業活動をどう回復させるのか。国民は候補者の声を聞きたがっている。

総裁選は、緊急事態であるとの認識から、時間がかかる全国の党員・党友による投票を省き、国会議員と都道府県連代表による投票で行う。8日に告示、14日に投開票される。

3候補には経済政策として「ポスト・アベノミクス」への考えを聞きたい。アベノミクスは、大胆な金融政策、機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略という3本の矢で、日本経済の再興を目指した。

日銀の異次元金融緩和政策で、円安・株高は実現した。失業率も大幅に低下し、雇用環境は改善した。一方でデフレ脱却は遠く、経済成長も先進国中で低位の水準にとどまっている。労働者の所得格差も拡大した。

3氏の出馬表明での経済政策に関する主張は、菅氏は「アベノミクスの継承」、岸田氏は「格差解消に課題あり」、石破氏は「個人所得の伸び悩み」をあげたが、大きな差異はない。しかし、アベノミクスには功罪両面があるのは明らかであり、従来の経済政策を継承するだけではすまない。デフレ脱却、格差是正、経済成長を進めるための新たな政策が求められている。

また、コロナ禍で傷ついた家計や企業の回復への方策も聞きたい。財務余力のとぼしい中小企業の倒産が相次いでいる。対策は待ったなしである。

派閥の多くが菅氏支持に回り、大勢はほぼ固まったかにみえる。しかし、投開票までの期間を、票読みと新政権でのポスト争いに終始すれば、国民・産業界はしらけるだけだ。経済政策で激論を交わし、そのなかから政策を磨き上げることは、新政権発足時のスタートダッシュに直結する。それこそが政治の空白を生まないプロセスといえるのではないか。

アベノミクスの継承だけでは、日本の苦境は救えない。自らの言葉で、日本経済の立て直し策を語ってもらいたい。

(2020/9/4 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる