社説/コロナ下の講義 大学の創意工夫が試される

(2021/3/23 05:00)

大学の新年度がまもなく始まる。新型コロナウイルス感染症との共存は続くが、先進技術を活用しつつリアルな社会課題の解決に挑む、教育と研究の機会として活動してほしい。

新型コロナによるニューノーマルへの移行で、悩みの多い分野の一つが大学だ。首都圏のある大規模大学は、入学式を6回に分けて実施する。しかし授業の講義科目では、対面との併用を含め、オンラインが中心のケースが多いようだ。

背景には各大学のアンケートなどで「座学の講義はオンラインでよい」と答える層が、学生、教員にそれなりにいることがある。通学のための時間もかからず、講義に集中でき、不明な点は何度も復習できる点をメリットにあげる。

教室で同級生に「さっきの板書が分からなかったから教えて」と頼んだり、教員に「今日はどうしたんだ」と声をかけられたりするリアルな場を求める声もある。オンラインとリアルの教育効果はまだ明確でない。

東京大学工学部は4月、本郷キャンパス(東京都文京区)へ通学を始める新3年生向けのガイダンスに、例年と異なる工夫をこらす。研究に加え教育で熱心な著名教員6人が、工学の魅力や心得を講演する。狙いは熱意あふれる、リアルな場の魅力を伝えることにある。

合わせて独自開発の接触確認アプリや、講義室の収容人数と換気能力から計算した適切な換気によって、感染リスクの制御を科学的に行う。

染谷隆夫工学部長は対面重視の理由を「工学は実社会の課題に向き合って、ITなど技術を活用して解決する学問だからだ」と説明する。机上の理論をオンラインで学ぶだけでは課題を実感できない。そして「科学に基づいて人々の行動変化を促すことを、大学がしなくてはいけない」と強調する。

今春は1年前と異なり、ニューノーマルの形を各大学が選べる状況にある。正解のわからない実験かもしれない。その中で果敢に取り組んでいくことこそが、大学の本来の姿だと期待したい。

(2021/3/23 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる