産業春秋/砲丸に息づく職人魂

(2021/6/23 05:00)

匠(たくみ)の技から生み出される日本製の砲丸は、世界のメダリストたちを魅了してきた。東京五輪でもトップアスリートの人気をさらいそうだ。

陸上競技用器具専門メーカーのニシ・スポーツ(東京都江東区)は、砲丸で国内トップシェアを誇る。五輪は1988年のソウル大会から公式採用になり、リオデジャネイロ大会では男女とも、金、銀、銅のメダリストが使用した。

一般男子用は重さ7・26キログラム。直径は指の長さなど選手の個人差を考慮して110―130ミリメートルの幅が許される。同社は大中小の3種類を製造する。職人技による緻密な表面仕上げと、重心が球の中心にピタリとそろう加工精度の安定性に定評がある。

かつては球面にらせん状の溝を残す加工を強みとした。「かかりがよく投げやすい」と選手たちから好評を博した。ところがシドニー大会の翌年「表面の仕上げは滑らかとする」が規則に。アテネ大会は「メダルゼロ」に終わる。

規則の範囲内でも手にしっくりなじむ極限の粗さを実現できるはず―。選手の意見をもとに改良を重ね、北京大会では再びメダルに手が届く。東京大会でも多くのメダリストから愛され、モノづくりニッポンの心意気を示してほしい。

(2021/6/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる