機械設計4月号/ロボットマニピュレーション技術最前線

(2022/3/8 05:00)

日刊工業新聞社の月刊誌「機械設計」4月号は「組立作業の自動化に向けたロボットマニピュレーション技術の最前線」を特集。プランニングや制御、センシング・ビジョン、AIマニピュレーションなどの研究開発例9件を紹介する。

大阪大学の原田研介教授は産業用ロボットへの応用を想定した機械学習や動作計画に関する研究を紹介。中京大学の橋本学教授はロボットが扱う対象物が部分的に持っている「機能」という概念を説明し、これをセンシング、認識する手法を解説する。

また金沢大学の渡辺哲陽教授が多様な構成方法が存在するソフトロボットハンドの技術動向と研究事例を解説。三菱電機は力覚制御にAIを適用した技術を紹介する。

生産現場では多くの人手を伴う組立作業をロボットで自動化する要望が高まっている。一方で、多品種少量生産の需要が高まる昨今では、生産品目の変化に迅速に対応し、多種多様な部品に対処できる汎用性・柔軟性・高精度な動作が求められている。そこで、さまざまな要素研究が進められ実用化の期待が高まっている。

(2022/3/8 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン