産業春秋/時間の大切さを再認識して

(2022/6/10 05:00)

およそ140年ぶりに成年の定義が見直され、4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられた。シチズン時計は6月10日の「時の記念日」を前に、新成人の男女200人ずつを対象に意識調査を行った。

大切にしたい時間は「勉強の時間」と「仕事・アルバイトの時間」が最も多く、将来に向けて学びや仕事の時間を大切にしようという若者が目立つ。一方、「趣味」や「一人で過ごす」など自分の時間を大切にする若者も多い。

新成人として持ちたい心構えは「行動に責任を持つ」が全体の約6割と圧倒的に多かった。社会人としての自覚も芽生えているようだ。次いで「夢や目標に向けて努力する」「時間を守る」「メリハリのある生活をする」だった。

最も関心が高いのは「クレジットカードを作る」。キャッシュレス決済が広がる中、クレジットカードにステータスや大人を感じる若者の姿が見て取れる。

「時の記念日」は、671年6月10日に天智天皇が水時計を設置して、人々に初めて時を知らせたとする日本書紀の記載が由来。コロナ禍で生活習慣が変わり、時間の感覚が狂ってしまった人は、この機に自らの時間の大切さを再認識して、自分らしさを取り戻してほしい。

(2022/6/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン