産業春秋/「黄金の3年」で変わるのか

(2022/6/17 05:00)

「黄金の3年」。与党が7月の参院選を制し、衆院の解散・総選挙も行わなければ、岸田文雄政権は向こう3年間、国政選挙がない安定期を迎えると言われる。岸田首相が掲げる政策も円滑に実現すると見て良いのだろうか。

その参院選を控え、岸田政権の政策運営は自身の信念より党の融和を優先する“安全運転”を選択したように映る。政権の看板政策「新しい資本主義」実行計画と、経済財政運営を記した「骨太の方針」から当初の“岸田色”がすっかり薄れた。

成長の果実を適切に分配し、分厚い中間層を実現するはずだった実行計画は分配への言及に乏しく、成長戦略が強調された。安倍晋三元首相のアベノミクスに戻ったとの厳しい指摘もある。

参院選後、これら施策を2023年度予算案に落とし込む作業を進めつつ、第2弾の物価対策を盛り込んだ22年度第2次補正予算案を編成するなど課題は山積する。来春に任期を迎える日銀総裁の人選も本格化する。

岸田政権が黄金の3年を手にすれば、分厚い中間層を形成する「分配」戦略が再び強調されるのか。またアベノミクスの異次元金融緩和の出口戦略を模索し、岸田首相のカラーを出せるのか、見極めていきたい。

(2022/6/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン