2019国際ロボット展の歩き方

お楽しみコンテンツユンボ&ものたんの神経衰弱ゲーム

日本ロボット工業会の新人「ユンボ」と日刊工業新聞社マスコットキャラクター「ものたん」の神経衰弱ゲーム。カードをめくって(クリックして)絵を揃えよう。

    トピックス      


    注目トピック

    • インタビュー

      ―日本での産業用ロボットの販売状況はいかがですか。「2019年は前年と比べ横ばい程度で落ち着く見込みだ。部品を含めた自動車産業向けが多く、工作機械周辺の自動化ニーズも伸びる。車向けは数... <続きを読む>

    • 特集

      1.ロボット導入のメリットは?デメリットはある? Q 現在、私の工場では作業の大半を手作業で行っています。近年、社員の定年退職が続いて人手が不足している状況にあり、ロボットの導入を検討し... <続きを読む>

    • インタビュー

      ―ユニバーサルロボット(UR)の協働ロボットの国内販売は堅調に推移しています。「2019年は18年比数十%増の販売を見込む。内訳は自動車関連が約40%、電機電子関連が約20%で、金属加... <続きを読む>


    » トピックス一覧をみる

    関連ニュース


    » 関連ニュース一覧をみる

     

    ロボット関連のおすすめ書籍・雑誌15選

    今日からモノ知りシリーズ
    トコトンやさしいアルゴリズムの本
    必携 シーケンス制御プログラム定石集
    ―機構図付き―
    メカトロ・センサ The ビギニング
    制御に用いるセンサの選定と使い方
    » もっとみる

    2019国際ロボット展特集をシェアする

    ものたん公式アカウント

    日刊工業新聞社のマスコットキャラクター『ものたん』の公式アカウント