2019国際ロボット展の歩き方

会場マップ&見どころ

 「2019 国際ロボット展」は、2020年東京オリンピックの開催準備により、東京ビッグサイト東ホールが使用できないため、青海・西・南ホール(新設)を使用しての開催となる。来場者がどちらのホールにも来場できるよう、全会場をつなぐ「無料巡回バス」が毎日運行される。

会場案内図

各ホールの会場マップ(PDF)

ものたんが紹介!各会場の主な見どころ

東京ビッグサイト

青海ホール:東京都江東区青海1-2-33

西・南ホール:東京都江東区有明3-11-1

無料巡回バス

 青海ホール、西・南ホールをつなぐ「無料巡回バス」を毎日運行。(約5分~10分間隔)

トピックス      


  • トピック

    世界最大級のロボット見本市「2019国際ロボット展」(日本ロボット工業会、日刊工業新聞社主催)が21日閉幕した。会期4日間の入場者は14万1133人と、17年開催の前回を1万653人上回った... <続きを読む>

  • トピック

    50数年前に誕生した産業用ロボット。現在は1本の腕のような形をしたロボットが最も多く使われている。2008年には、人の安全を守るため柵で囲わずに導入できる協働ロボットが誕生。人とロボットが一... <続きを読む>

  • 主催者公式新聞

    介護や清掃、警備、外食、物流などあらゆる場面で利用されるサービスロボット。半導体不況や米中貿易摩擦などを背景に、世界の製造業向けロボット投資が冷え込む中でも、サービスロボットは安定成長ぶり... <続きを読む>


» トピックス一覧をみる

関連ニュース


» 関連ニュース一覧をみる

 

ロボット関連のおすすめ書籍・雑誌15選

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいロボットの本
必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-
今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいアルゴリズムの本
» もっとみる

2019国際ロボット展特集をシェアする

ものたん公式アカウント

日刊工業新聞社のマスコットキャラクター『ものたん』の公式アカウント