JIMTOF2018インタビュー記事一覧

 世界の製造業を取り巻く景色が急速に変わりつつある。少子高齢といった社会的要因と、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、工程集約・自動化といった製造技術の革新などによるものだ。工作機械など生産財各社は、変革の時代に何を工場に提供しようとしているのか。11月1日に開幕する工作機械の世界的展示会「日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」で方向性がわかるはずだ。主催者である日本工作機械工業会(日工会)の飯村幸生会長をはじめ、各社の首脳に聞く。


トピック&編集部イチオシNEWS       


JIMTOF 2018/インタビュー(14)カシフジ、和井田製作所 インタビュー
JIMTOF 2018/インタビュー(14)カシフジ、和井田製作所 (2018/10/23) NEW
カシフジ社長・樫藤達郎氏「ロボ用歯車が新たな柱」/和井田製作所会長兼社長・和井田光生氏「“ニッチトップ”目指す」 <続きを読む>
JIMTOF 2018/インタビュー(13)シギヤ精機製作所、エンシュウ インタビュー
JIMTOF 2018/インタビュー(13)シギヤ精機製作所、エンシュウ (2018/10/23) NEW
シギヤ精機製作所社長・鴨谷憲和氏「初の量産加工向け機種」/エンシュウ社長・山下晴央氏「レーザー溶射機、新開発」 <続きを読む>
・シギヤ精機、CNC研削盤 偏心部品加工に対応
・エンシュウ、レーザー溶射機拡販 JIMTOFに出展
JIMTOF 2018/紙上プレビュー(9)MSTコーポレーションほか プレビュー
JIMTOF 2018/紙上プレビュー(9)MSTコーポレーションほか (2018/10/23) NEW
MSTコーポレーション「クイック交換式治具システム」/ナカニシ「直径40mm級の高速スピンドル」/日本シュトイテ「呼び出しなど信号送信に最適」/阿波スピンドル「円筒状内外壁の傷・鋳巣を検査」/イスカルジャパン「防振機構搭載の旋削加工用工具」 <続きを読む>
・JIMTOF2018の来場登録はJIMTOF公式サイトから

»「トピック&編集部イチオシNEWS」をもっとみる

関連記事まとめ


ピックアップ [PR]