スマートファクトリー2018の歩き方How to look around the venue

「スマートファクトリーJapan2018」
展示会の見どころをご紹介

 日刊工業新聞社は、生産管理・製造現場の先進化や効率化を目指す「スマートファクトリーJapan」を2018年5月30日(水)~6月1日(金)の日程で、東京ビッグサイトにて開催する。本展示会は、製造現場においてスマートファクトリーを実現する上で欠かすことのできない「IoT」や「人工知能」、「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備や装置など生産工場に関する技術や製品を展示する。

今回、新たに2つのゾーンを新設

 「IoT・AI Innovationゾーン」は、人工知能技術の進化に伴い、IoTで集まる膨大なデータの利活用の拡大や、自動運転をはじめデバイス・機械の制御性能が格段に向上するなど、従来の工場生産や生産管理のあり方が大きく変わりつつある今の時代に合わせたゾーン。会期2日目には、メインステージにおいて、日本アイ・ビー・エム、SAPジャパンを講師に迎えIoT・AI Innovationフォーラムを開催する。
 また、「スマートファクトリーを支える防災産業ゾーン」は、同時開催の「2018防災産業展in東京」との連動企画。本田技研工業が燃料電池自動車などを展示する。

多数の講演・セミナーを連日実施

 初日の5月30日には、経済産業省製造産業局長の多田明弘氏(予定)が「“Connected Industries”推進に向けた我が国製造業の課題と今後の取組(仮)」をテーマに講演。また、生産管理や製造現場の先進化・効率化といった点で優れた事例を選定し表彰する「スマートファクトリーAWARD 2018」の記念講演や受賞企業によるトークセッションも行う。

 5月31日以降も、ファナックの松原専務による講演をはじめ、スマートファクトリーを取り巻く現状や今後の動向について語るパネルディスカッションなどを行う。6月1日には、IVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ)主催の「第2回IIC&IVI合同 ユースケース共有セミナー」が開催され、国内外の企業・団体が登壇予定。

特別企画も盛りだくさん

 『スマートファクトリー AWARD 2018受賞者展示コーナー』、『Connected Industriesコーナー』、『第7回ものづくり日本大賞受賞者展示コーナー』などを設置。また、『IoTよろず相談コーナー(協力:ITコーディネータ協会)』では、ITコーディネータが無料で来場者の困りごとに答えてくれる。

→来場事前登録・無料セミナー参加予約はこちら
(「スマートファクトリーJapan2018」公式サイトへ)

コネクテッド・インダストリーズを支える注目企業 Sponsored

関連記事まとめ


» 関連記事をもっとみる
スマートファクトリーJapan2018 公式サイトへ
前回(2017)初日の会場風景

ハッシュタグ #スマートファクトリー 
 #スマファク