INDUSTRIAL TRENDS AD

医療・健康・食品 ニュース

(2017/3/21 05:00)

血液で遺伝子変異検出−DNAチップ研、新検査手法を開始−肺がん患者の負担軽減

DNAチップ研究所は3月中にも、肺がん治療で推奨されている上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の変異検出サービスを始める。採血だけで検査できるため、従来の組織を採取する検査に比べて患者の負担を軽減できる。価格は8万−10万円を想定。肺がん治療に関わる医療機関、医師に提案し、初年度...

京大、がん治療装置を開発−核ガンマ線画像化測定技術の実用化で会社設立

京都大学大学院理学研究科の谷森達教授らは、核ガンマ線法画像化測定技術(ETCC技術)を活用するため、京都Space Gamma(京都市左京区)を設立した。ホウ素...

続きを読む

成長への処方箋・製薬トップに聞く(9)エーザイCEO・内藤晴夫氏

■認知症、問題解決策を提供 ―2016年度は新中期経営計画の1年目です。現状の評価を。 「我々のイノベーションを展開する場所を“立地”と呼んでいる。がん領域...

続きを読む

アンファー、食品に本格参入−“予防医学”軸に事業多角化

アンファー(東京都千代田区、三山熊裕社長、0120・722・002)は、“予防医学”を軸に事業の多角化を進める。新たに食品のブランドを立ち上げ、食品事業に本格参...

続きを読む

グンゼ、無縫合タイプの吸収性合成人工硬膜を来月に発売

グンゼは脳脊髄膜の外側の膜である脳硬膜の欠損部に生体組織接着剤を併用して補てつする無縫合タイプの合成人工硬膜「デュラウェーブ」を4月に発売する。無縫合タイプの吸...

続きを読む

医療・健康・食品ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン