科学技術・大学 ニュース

(2017/12/3 11:30)

【電子版】南極のオゾンホール、過去29年間で最小-気象庁

 気象庁は1日、南極上空のオゾンホールの面積が9月11日に今年最大となり、南極大陸の約1・4倍に当たる1878万平方キロだったと発表した。面積が2000万平方キロを下回ったのは1988年の1370万平方キロ以来で、過去29年間で最も小さかった。消滅時期も11月19日で例年より早か...

【電子版】アストロスケールの宇宙ゴミ観測衛星、打ち上げ失敗

 人工衛星の破片などのごみ除去を目指すベンチャー企業、アストロスケール(シンガポール)は1日までに、同社初の人工衛星「IDEA OSG1」の打ち上げが失敗したと...

続きを読む

記事を漫画に自動変換 慶大がAIシステム開発 コマ割り自動生成

慶応義塾大学理工学部の萩原将文教授や蓑谷彩香大学院生は、人工知能(AI)を利用し新聞記事などの文書をマンガ形式に変換するシステムを開発した。新聞記事の電子データ...

続きを読む

宇宙人に聞く(2)宇宙飛行士・野口聡一さん「19年、3度目の宇宙へ」

―宇宙飛行士になったきっかけは。 「アニメの『銀河鉄道999』や人形劇の『サンダーバード』などを見て、機械的な乗り物で宇宙を旅する姿が楽しそうに見えた。高校生...

続きを読む

アルミ表面処理の新技術 高温・高圧水蒸気で高強度・高耐食化

芝浦工業大学材料工学科の芹沢愛准教授は、アルミニウム材料を高温・高圧下の水蒸気にさらすだけで高強度・高耐食化する表面処理技術を開発した。錆の進行速度を100分の...

続きを読む

暗い森、ひそかに種まき 寄生植物、昆虫との共生選ぶ

暗い森で光合成をやめた寄生植物は、「便所コオロギ」と呼ばれるカマドウマに果肉を与え、種を運ばせている―。神戸大学の末次健司特命講師の研究で、目立たない植物と昆虫...

続きを読む

プラズマ活性溶液、がん転移の形成抑える−名大が発見

【名古屋】名古屋大学大学院医学系研究科の山田豪講師らは、プラズマで活性化した「プラズマ活性乳酸リンゲル液」(PAL)が、がん転移の一種の膵(すい)がん腹膜播種(...

続きを読む

科学技術・大学ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる