科学技術・大学 ニュース

(2018/4/11 05:00)

ILC 巨大加速器を日本に(1)宇宙誕生の謎に挑む

2030年代、日本を基礎物理学の中心地に―。世界の素粒子物理学者らが、東北に巨大加速器「国際リニアコライダー」(ILC)を建設する計画を進めている。日本政府は18年中にも国内誘致の可否を決める。ただ、宇宙の謎を解くという学術的な意義が大きい一方で、約5000億円の巨額の建設費が重...

研究開発法人トップに聞く(7)国立がん研究センター理事長・中釜斉氏

がんは日本人の死亡原因第1位であり、治療法や早期診断技術の研究開発が盛んだ。国立がん研究センターは、医療機関と研究機関、両方の役割を持つ。症例数を強みに全遺伝情...

続きを読む

産学官連携の課題、中小「組織的研究体制」 NISTEP調べ

文部科学省の科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は10日、一線の研究者と有識者の意識を見る「NISTEP定点調査2017」を公表した。このうち産学官連携にお...

続きを読む

名古屋工大、AI研究拠点を開設

【名古屋】名古屋工業大学は人工知能(AI)の研究拠点「NITech AI研究センター」を開設した。知能計算技術の追求や知能ロボット技術の応用、AI関連の人材育成...

続きを読む

国立がん研・東京医科大連携 大学院で学生相互受け入れ

国立がん研究センターと東京医科大学は10日、教育や研究、臨床などの領域について包括連携協定を結んだ。2019年度には連携大学院を設置し、双方の学生や医師を受け入...

続きを読む

科学技術・大学ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン