機械 ニュース

(2018/10/19 05:00)

IHI、21年ぶり新工場 民間航空エンジン整備

IHIは18日、埼玉県鶴ケ島市に民間航空エンジンの整備工場を建設すると発表した。2019年内に稼働する予定。新工場の建設は98年の相馬事業所(福島県相馬市)以来、21年ぶり。21年3月までの総投資額は約245億円。地域経済の活性化に貢献する見通しだ。民間航空エンジン市場は、新興国...

THK・ドコモ・シスコ、製造業向けIoT提供 直動部品で故障予知

THK、NTTドコモ、シスコシステムズは18日、直動部品の故障予知などが可能なIoT(モノのインターネット)サービスを来春にも始めると発表した。センサーやルータ...

続きを読む

兵庫精密、切削工具の耐久性向上へ 1.5倍450時間目指す

【神戸】兵庫精密工業所(神戸市兵庫区、阿倉和哉社長、078・671・2724)は、難削材向け切削工具の耐久性を高める取り組みを篠山工場(兵庫県篠山市)で20日に...

続きを読む

JIMTOF2018インタビュー(10)オーエム製作所とホーコス

■オーエム製作所社長・佐脇祐二氏 立型旋盤の標準化加速  ―立型旋盤など受注状況はいかがですか。 「受注の約7割を占める国内向けは航空機や建設機械など、さま...

続きを読む

JIMTOF2018インタビュー(11)ダイジェット工業とソディック

■ダイジェット工業社長・生悦住歩(いけずみ・あゆむ)氏 素材から工具の一貫体制   ―受注の動向はいかがですか。 「2018年4―9月期の数字は良いが、超硬...

続きを読む

JIMTOF2018/紙上プレビュー(7)タイユほか

【タイユ/クーラントの長寿命化に貢献】 タイユ(大阪市淀川区)は水溶性切削液「ハイチップNC―21R=写真」を展示する。同社独自の劣化対策技術を施し、使用中の...

続きを読む

協和マシン、底寸最小級のL曲げ加工機開発 幅30―400mm対応

■世界最小クラス、ワークの形状変更容易  【富山】協和マシン(富山県高岡市、吉田保雄社長、0766・63・3805)は、板金を曲げた後のサイズ(底寸)の最も狭...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる