機械 ニュース

(2018/10/29 05:00)

AIがプログラム作成 キタムラ機械、CNC向け技術

【富山】キタムラ機械(富山県高岡市、北村彰浩社長、0766・63・1100)は、人工知能(AI)が工作機械の加工用プログラムを自動作成する技術を開発した。習熟が難しく、作業負担も大きいプログラム作成業務を大幅軽減する。中小製造業で深刻な人手不足にも寄与する。 新技術は同社製コン...

東京計器、トラクターに後付けの自動直進補助装置 100万円でスマート化

東京計器は農業機械分野に本格参入する。既存のトラクターに後付けできる農機用直進自動操舵(そうだ)補助装置「AG―GEAR3」を開発、30日に発売する。本体価格を...

続きを読む

蓄電池、現場で自動再生 レントが可搬型装置投入

【静岡】レント(静岡市駿河区、田島潤一社長、054・265・2201)は、製造現場でバッテリー(蓄電池)を簡単に再生処理できるフォークリフト用可搬型鉛蓄電池自動...

続きを読む

位置決め精度、ボールネジで長期維持 日本精工が20年製品化

日本精工は高い位置決め精度を長期間維持できるボールネジ(写真)を開発した。独自の表面改質技術により転動体とネジ間の油膜形成能力を向上。油膜が形成されにくい低速運...

続きを読む

トーヨーエイテック、小型内面研削盤開発 主軸は毎分2000回転に高速化

【広島】トーヨーエイテック(広島市南区、市田雅彦社長、082・252・5212)は、立型の小型内面研削盤「TVG―15CA=写真」を開発した。従来機より横幅を6...

続きを読む

JIMTOF2018インタビュー(21)牧野フライス製作所社長・井上真一氏

■レーザーで離型性高い金型  ―出展のビジュアルイメージはハスの葉にしずく。これは何を意味しているのでしょうか。 「ハスの葉は小さな突起が無数にあり、超撥水...

続きを読む

JIMTOF2018インタビュー(22)東芝機械社長・三上高弘氏

■自動車業界への訴求を意識  ―出展の見どころは。 「高精度な加工と高剛性が特徴の機械を出展する。旋削加工など複合加工が可能なターニングセンターは、難削材で...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる