医療・健康・食品 ニュース

(2018/11/1 05:00)

第一三共、営業益1650億円達成先送り がん領域に2000億円追加

第一三共は31日、現中期経営計画で示していた営業利益1650億円の目標達成時期を従来の2020年度から22年度へ先送りすると発表した。一方で重点分野のがん領域を強化するため、18―22年度の5年間でがんに2000億円を追加投資する。眞鍋淳社長は「薬価制度改革の影響で、売上構成比率...

キヤノンメディカル、タブレット端末型超音波診断装置 院内外で検査容易

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市、滝口登志夫社長、0287・26・6211)は、タブレット端末型超音波診断装置「Viamo sv7(ビアモ エスブイ...

続きを読む

シンバイオ製薬、抗悪性腫瘍剤を自社販売 市場拡大で一気に攻勢

シンバイオ製薬は抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」の自社販売体制を構築する。2021年からは現在事業提携しているエーザイではなく、同社が直接販売する。同製薬は7月に悪...

続きを読む

武田薬の通期見通し、営業益679億円増に上方修正 主力製品が伸長

武田薬品工業は31日、2019年3月期連結決算(国際会計基準)の営業利益を、期初予想比679億円増の2689億円に上方修正した。潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「...

続きを読む

アステラスの通期見通し、営業益を下方修正

アステラス製薬は31日、2019年3月期連結決算(国際会計基準)の営業利益を、期初予想比310億円減の2340億円に下方修正した。国内事業再編費用や訴訟関係費用...

続きを読む

フランスベッド、高齢者の離床検知システム 音と光で通知

フランスベッドは、温度変化により高齢者の離床を検知する「温度deキャッチ」システムを発売した。高齢者がベッドから離れたときに熱画像センサーで感知し、別の部屋にい...

続きを読む

ちょっと訪問/デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 「キナーゼ阻害剤」創薬に挑む

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、たんぱく質をリン酸化する酵素であるキナーゼの、過剰な働きを抑える「キナーゼ阻害剤」を活用した創薬に挑んでいる。既に緑内障と...

続きを読む

医療・健康・食品ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる