商社・流通・サービス ニュース

(2018/12/14 05:00)

双日、インドに新会社 車・建機部品を輸出入

双日は、インドで自動車・建設機械部品の輸出入や建機の輸入販売などを手がける新会社「オートランス・インド」を設立し、12月に営業を始めた。新会社の資本金は約6400万円で、双日子会社の双日オートランスが80%を、同子会社の双日インドが20%をそれぞれ出資した。両社で別々に手がけてい...

日本郵政、米アフラックに3000億円出資 海外で収益源追求

日本郵政が米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めたことが13日、分かった。発行済み株式の7―8%を取得し、4年後をめど...

続きを読む

伊藤忠、パイン残渣で発電 ドール工場で再利用

伊藤忠商事は13日、グループ会社のドール・フィリピンを通じ、フィリピンで現地企業と組みパイナップル残渣(ざんさ)を活用した発電を始めると発表した。現地のスララ・...

続きを読む

新幹線架線の着氷霜監視、車両加速を自動制限 JR東海が新技術

JR東海は新幹線架線への氷や霜の付着を検知して車両の加速を自動で制限し、パンタグラフの損傷を防ぐ新技術を開発した。パンタグラフ状態監視システムとして最新車両N7...

続きを読む

郵船ロジ、コンテナ輸送に新技術 コイル積載効率2倍

郵船ロジスティクスは13日、線材や薄板のコイルをコンテナに安全、高効率に積載する輸送技術を開発したと発表した。貨物用エアバッグと発泡スチロール成形品を組み合わせ...

続きを読む

JR貨物、東京レールゲート初テナントに鴻池運輸

JR貨物は13日、東京貨物ターミナル駅で開発中の物流施設「東京レールゲートWEST」で初のテナント企業として、鴻池運輸と契約したと発表した。東京レールゲートは2...

続きを読む

北海道新幹線、青函トンネル区間で時速160kmに

JR北海道は2019年春のダイヤ改正時から北海道新幹線の青函トンネル区間における走行速度を時速160キロメートルに引き上げる。これにより、東北・北海道新幹線の東...

続きを読む

商社・流通・サービスニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる