機械 ニュース

(2019/1/9 05:00)

椿本チエイン、搬送機器の生産性向上へ 協力会社と技術交流

椿本チエインは、埼玉工場(埼玉県飯能市)内に新設した工場棟を活用し、工場や倉庫向け搬送機器の生産性を向上する取り組みを始めた。新工場棟の設備を生かし、生産の約8割を委託する協力会社との交流を活発化する。開発段階から協力会社の意見を採り入れ、効率的に生産やメンテナンスできるように製...

ツタワ、生産設備の“フリマ”提供 スマホ・パソコンで売買

ツタワ(大阪市平野区、津田和淳一社長、06・6794・5788)は、スマートフォンやパソコンを使い、不要な生産設備や工具、資材などを簡単に売買できる製造業向けの...

続きを読む

賀詞交歓会/生産性革命、喫緊の目標 日機連

日本機械工業連合会(日機連)は8日、都内で賀詞交歓会を開いた。あいさつした大宮英明会長(三菱重工業会長=写真)は、人手不足問題に触れ「他の国にも増してイノベーシ...

続きを読む

展望2019/IHI社長・満岡次郎氏 M&Aにもチャレンジ

―米中貿易摩擦の影響は。 「世界全体でのリスクを想定し、自動車用ターボチャージャー(過給器)事業で多少、計画見直しの必要性を感じ始めた。必要であれば計画を見直...

続きを読む

8mのワーク対応・全長22mの長~い円筒研削盤 シギヤ精機が製作中

シギヤ精機製作所(広島県福山市、鴫谷憲和社長、084・954・2961)は、長さ最大8メートルの加工対象物(ワーク)が研削できる、国内最大級のコンピューター数値...

続きを読む

2019 TOP年頭語録/三菱重工業・宮永俊一社長ほか

【効率経営を浸透 三菱重工業・宮永俊一社長】 事業構造改革をさらに定着するべく、引き続き真剣に取り組み、効率経営を浸透させる。課題事業を早期に解決することも必...

続きを読む

2019 TOP年頭語録/日揮・佐藤雅之会長ほか

【再び成長路線 日揮・佐藤雅之会長】 米中貿易摩擦の世界経済への影響が懸念されるが、2019年は日揮グループが再び成長路線に向け飛び立つ年。10月1日付で予定...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン