自動車・輸送機 ニュース

(2019/2/25 05:00)

アイシン精機、組織再編 常務役員廃止でスリム化

【名古屋】アイシン精機は4月からの経営体制で、執行役員のうち常務役員を廃止する方針を固めた。専務役員は名称を変えた上で、執行役員として残す。取締役を含め現状45人の役員を30人程度に減らす見通しだ。経営責任と業務執行の役割分担を明確にする。加えて組織をスリム化することで、経営スピ...

藤倉ゴム、ベトナム生産再編 工業用一貫ライン構築

藤倉ゴム工業は2020年3月期内にベトナムの生産体制を再編する。工業用ゴム製品の受注の増加を受け、同製品の一貫生産ラインを構築する。日本で手がけていたゴム製品の...

続きを読む

次代に運ぶ 商用車4社に聞く(1)いすゞ自動車社長・片山正則氏

自動車業界に電動化や自動運転など次世代技術の波が押し寄せる。こうした技術は、消費者らが恩恵を実感しやすい商用車から広がるとの見方が強い。ただ、大型車特有の課題な...

続きを読む

ヒロテックなど、ドア断熱性能を精密計測 EV電力消費低減

【広島】ヒロテック(広島市佐伯区、鵜野徳文社長、082・941・7800)と広島県立総合技術研究所、ひろしま産業振興機構は、自動車のドアの断熱性能を精密に計測す...

続きを読む

自動運転の安全性向上へ NEC、通信優先度の変更検証

NECは、自動運転の安全性向上に向けた適応ネットワーク制御技術の実証実験を実施した。緊急度の高い車両に無線リソース(周波数帯域や通信時間)を割り当てる適応ネット...

続きを読む

ダイハツ、完成検査を顔認証管理 国内全工場に導入

ダイハツ工業は、車両の完成検査を担当する有資格者を顔画像で認証して管理するシステムを国内の全工場に導入する。2017年に発覚した日産自動車やSUBARU(スバル...

続きを読む

【電子版】18年の世界EV市場、テスラ「モデル3」が圧倒的首位

 米テスラのセダン「モデル3」は昨年の世界電気自動車(EV)市場で圧倒的な首位となった。販売台数は2位のメーカーを約50%も引き離した。  調査会社JATOダ...

続きを読む

自動車・輸送機ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる