環境・エネルギー ニュース

(2019/4/25 05:00)

テロ対策遅れなら原発停止 規制委、完成期限延長せず

原子力発電所のテロ対策施設について、原子力規制委員会は24日、期限までに完成しなかった場合、運転中の原発の停止を命じる方針を決めた。電力会社が期限までに建設が完了しないとの見通しを示した問題を受けた方針で、期限の延長もしない。 テロ対策施設である「特定重大事故等対処施設」(特重...

米のイラン産原油輸入禁止、日本に「価格上昇」直撃

米国政府がイラン産原油の輸入禁止の特例措置を5月2日で打ち切ると表明したことは、原油価格の上昇要因になる。イランの輸出分を石油輸出国機構(OPEC)が補う余力が...

続きを読む

大ガス、山口・宇部の石炭火力事業から撤退

大阪ガスは24日、山口県宇部市でJパワーや宇部興産と共同で進める石炭火力発電所「西沖の山発電所(仮称)」の計画から撤退すると発表した。従来の石炭火力は二酸化炭素...

続きを読む

エネゲート、売買電力量データ収集システム 太陽光発電事業者向け

エネゲート(大阪市北区、岡田雅彦社長、06・6458・7301)は、太陽光発電事業者向けに売買電力量などのデータ収集システムを発売した。住宅用太陽光発電の自家発...

続きを読む

中部電、8.1円で電力買い取り FIT終了で新サービス

【名古屋】中部電力は24日、家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)に基づく買い取り期間が11月から満了を迎える顧客向けに、1キロワット時当たり8―8・...

続きを読む

新コスモス電機、無線式ガス漏えい監視システム 仮設利用に特化

新コスモス電機は、仮設利用に特化した無線式ガス漏えい監視システムを製品化した。無線ガス検知部と仮設型ガス漏えい監視盤のセットタイプを投入。臨時作業用のガス漏えい...

続きを読む

大ガスの前3月期、当期益10%減の336億円 台風災害など響く

大阪ガスが24日発表した2019年3月期連結決算は、当期利益が前期比10・9%減の336億円と減益になった。家庭向け電力の販売増加などで増収だったが、ガス販売量...

続きを読む

環境・エネルギーニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる