地域経済 ニュース

(2019/5/16 05:00)

栃木県、外国人材活用を支援 来月協議会設立

【宇都宮】栃木県は外国人材活用支援を強化するための基盤づくりに乗り出す。6月3日に県内企業・団体などで「とちぎ外国人活用促進協議会(仮称)」を設立する。農業や製造業など、県の主要5産業による業界別の部会を設け、活動の中心に据える。県内企業の外国人材活用や、新たな在留資格など諸制度...

下町ボブスレーソリ製作、連携・イノベに効果 細貝氏講演

公益資本主義推進協議会(PICC、東京都渋谷区、大久保秀夫会長=フォーバル会長、03・6826・1234)東京支部は、企業連携による地域活性化の実例を学ぶ講演会...

続きを読む

セメントプロデュースデザイン、モノづくり発信拠点を移転

■東京・墨田区にあすオープン  セメントプロデュースデザイン(大阪市西区、金谷勉社長、06・6459・0368)は、東京都港区に置いていたモノづくり発信拠点「...

続きを読む

万博協会、本格始動 運営主体に月内指定、事務局トップに石毛氏

2025年に大阪で開催される国際博覧会(万博)の実務を担当する官民組織「2025年日本国際博覧会協会」は15日、都内で総会を開き、日本貿易振興機構(ジェトロ)の...

続きを読む

愛知・大府市とソフトバンク、ICT活用で包括連携協定

【名古屋】愛知県大府市とソフトバンクは、情報通信技術(ICT)活用による社会課題解決を目的に包括連携協定を結んだ。同市中学校のプログラミング教育にソフトバンクの...

続きを読む

4月の都内倒産、0.9%増 帝国データまとめ

帝国データバンクがまとめた4月の東京都企業倒産集計(負債1000万円以上の法的整理による倒産)によると、倒産件数は前年同月比0・9%増の118件と2カ月ぶりに前...

続きを読む

地域経済ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる