ロボット ニュース

(2019/5/24 05:00)

ニュース拡大鏡/産ロボ1兆円割れへ 今年の受注、読めぬ米中摩擦影響

米国と中国の対立が日本のロボット業界を揺さぶっている。日本ロボット工業会は2019年の産業用ロボットの年間受注額(非会員を含む)の見通しを、1月に示した1兆500億円から9400億円(18年比2・3%減)に下方修正した。1―3月期の需要低迷が主な要因だが、足元では複数の企業が受注...

エヌアイシ・オートテック、ロボ用アルミ架台拡充 水平多関節向け

【富山】エヌアイシ・オートテックは「小型ロボット専用アルミ架台」のラインアップを拡充し、水平多関節ロボットや協働ロボットに対応した製品を投入した。2018年1月...

続きを読む

GROUND、米ソフト・ロボ製ロボハンドを国内投入 非定型物もピックアップ

GROUND(東京都江東区、宮田啓友社長)は、販売権を持つ米ソフト・ロボティクスが開発した新型汎用ピッキングハンド「mGrip(エムグリップ)」を発売した。対象...

続きを読む

エスイーフォー、火星でロボ遠隔操作 シミュレーターから指示

エスイーフォー(東京都台東区、ウィルソン・ロクラン社長)は、通信品質の悪い環境でロボットを遠隔操作する技術を開発した。操作者はロボットシミュレーターからロボット...

続きを読む

製造分野の自律ロボ、21年までに市場3倍成長

製造分野で自律的に動作する次世代ロボット「アドバンスト・ロボティクス」への期待が高まっている。ボストン・コンサルティング・グループは2021年までに世界でアドバ...

続きを読む

テラドローン、インドネシアの被災地域地図を作製 ライダーで測量

テラドローン(東京都渋谷区、徳重徹社長、03・6419・7193)はインドネシア拠点を通じ、同国スラウェシ州で、LiDAR(ライダー)を搭載した無人航空機で、被...

続きを読む

ロボットニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる