機械 ニュース

(2019/6/21 05:00)

東亜バルブがリサイクル参入 解体品、原発バルブに

東亜バルブエンジニアリングは、原子力発電設備向けバルブのリサイクル事業に参入する。廃止措置に伴う原子炉周辺設備やプラント解体工事で排出される製品を炉で溶かし、バルブや構内用ベンチなどへ再生する。廃炉作業における原子炉解体が本格化する見通しの2020年代半ば以降の本格展開を見据える...

牧野フライス、「後付けIoT」投入 低コストで生産性向上支援

牧野フライス製作所は同社のクラウドコンピューターと顧客先の工作機械を専用回線でつなぎ各種ソフトウエアや支援を提供するサービス「プロネットコネックス」の対象を、過...

続きを読む

SUS、米にサテライトショップ 地域密着で提案営業

【静岡】SUS(静岡市駿河区、石田保夫社長、054・202・2000)は、米国で地域密着型の工場自動化(FA)営業の拠点「サテライトショップ」を展開する。まずテ...

続きを読む

タイで自動化とIoT「種まき」 メーカー、日系の需要増に狙い

生産財各社がタイでロボットなどの自動化やIoT(モノのインターネット)を積極的に打ち出している。タイの製造業の設備投資は踊り場状態とみられるが、長期的には人件費...

続きを読む

豊田プレス、既存設備のIoT化訴求 溶接機の生産実績を自動記録

豊田プレス工業(愛知県豊田市、加古浩史社長、0565・32・3588)は、フリックケア(東京都台東区、工藤純平社長、050・3591・7090)と共同で、溶接機...

続きを読む

シチズンマシナリー、自動旋盤旗艦機種の年産能力5割増100台 

シチズンマシナリー(長野県御代田町、中島圭一社長、0267・32・5900)は、月内に自動旋盤の旗艦機種「MC20=写真」の年産能力を現在比50%増の100台に...

続きを読む

工作機械受注5月27%減、欧で停滞 日工会確報

日本工作機械工業会(日工会)が20日発表した5月の工作機械受注額(確報値)は、前年同月比27・3%減の1085億3500万円となり、8カ月連続で減少した。米中貿...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる