科学技術・大学 ニュース

(2019/7/3 05:00)

第三の工法「切削鍛造加工法」、岐阜大が提案 工具圧力10%で加工

【名古屋】岐阜大学工学部機械工学科の王志剛教授は、従来工法の10%程度の工具圧力で加工できる冷間鍛造技術「切削鍛造加工法」を開発した。従来工法の据え込み、押し出しに続く、第三の基本工法として提案する。冷間鍛造で加工が難しかった大物、複雑形状部品などを同工法に置き換えられる可能性が...

材料進化の最前線 NIMS最新成果(1)スマートポリマー 医療・美容に利用拡大

【安価で効果発揮】 治療費数千万円という抗がん剤の登場が大きな話題となった。これまで困難だった治療が可能になるのはすばらしいが、一方で世界中の誰もが受けられる...

続きを読む

イノベーターを探せ 欧州発明家賞(4)ビデオ圧縮技術

■スマホで高音質再生  スマートフォンなどの端末上で閲覧できる動画はデータの圧縮技術が可能にしている。半導体大手の米クアルコムの子会社であるクアルコムテクノロ...

続きを読む

防衛医大など、血小板・赤血球の代替物開発 緊急時輸血に活用へ

防衛医科大学校免疫微生物学講座の木下学准教授らは、交通事故などで大量出血を起こした患者に輸血し、止血効果と酸素運搬効果がある人工のナノ粒子を開発した。出血してい...

続きを読む

川崎医大、医学指針作成システム開発 AIで時短・精度向上

川崎医科大学の神田英一郎学長付特任教授は、人工知能(AI)を使った医学ガイドライン作成支援システム「ドクターK」を開発した。医師が臨床の疑問を入力すると、AIが...

続きを読む

肥満に免疫細胞関与 理研が発見、改善・予防法開発に道

理化学研究所生命医科学研究センターの佐々木崇晴研究員と小安重夫チームリーダーらは、食事による肥満に、近年新たに発見された免疫細胞の一種「自然リンパ球」が関与する...

続きを読む

【電子版】米テンプル大など、感染マウスのエイズウイルスDNA除去に成功 抗ウイルス薬とゲノム編集で

 エイズウイルス(HIV)に感染したマウスで、免疫細胞の染色体に組み込まれたHIVのDNAを除去する実験に成功したと、米テンプル大とネブラスカ大の研究チームが発...

続きを読む

科学技術・大学ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる