機械 ニュース

(2019/7/5 05:00)

三菱重工、「豪雨」対応支援システムの高度化急ぐ 被害抽出・避難計画策定

三菱重工業は人工知能(AI)画像処理技術を用いた豪雨被害抽出システム「BRAINS(ブレインズ)」の高度化を急ぐ。2018年7月の西日本豪雨で、画像解析により被害箇所を迅速に把握できる性能を確認済み。今後はこれに災害対応計画ソフトを組み合わせ、自治体や消防、自衛隊などが避難勧告や...

食中毒防止の検査システム、佐々木化学薬品が産学官連携で開発

【京都】佐々木化学薬品(京都市山科区、佐々木智一社長、075・581・9141)は、食中毒の原因となる細菌の有無を迅速判定する食品製造・流通現場向け小型検査シス...

続きを読む

MF-TOKYO2019/インタビュー(5)放電精密加工研究所と渋谷工業

■放電精密加工研究所取締役・村田力氏  ―足元の状況は。 「スマートフォン関連の設備投資が先延ばしになっているほか、2018年末ごろから自動車関連の需要にブ...

続きを読む

現場 最前線をゆく(5)津田駒工業/松任工場

■鋳物生産  津田駒工業は主要事業の繊維機械と工作機械関連機器向けの鋳物を自社生産している。両製品が高い性能を発揮できるのも「鋳物の持つ減衰性能や剛性があって...

続きを読む

エクセル感覚で扱える3次元CAD、日本ユニシス・エクセが新版

日本ユニシス・エクセリューションズ(東京都江東区、宮本素立社長、03・5546・6600)は、2次元CADから3次元CADへの移行しやすさを意識した3次元CAD...

続きを読む

日立建機、自走式土質改良機 異なる原料、現場で処理

日立建機は自走式土質改良機「SR2000G―6=写真」を発売した。特定特殊自動車排出ガス規制法(オフロード法)の2014年基準に適合する。2軸パドルミキサー方式...

続きを読む

不二越の12―5月期、営業益7.8%減 増収も原材料高騰

不二越が4日発表した2018年12月―19年5月期連結決算は、売上高が前年同期比2・0%増の1271億円、営業利益が同7・8%減の74億円だった。工作機械、油圧...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる