機械 ニュース

(2019/7/10 05:00)

工作機械、6月受注1000億円割れ 米中摩擦で32カ月ぶり

日本工作機械工業会(日工会)が9日発表した6月の工作機械の受注実績(速報値)は前年同月比38・0%減の988億2900万円で、2016年10月以来32カ月ぶりに1000億円を割り込んだ。内需は同40・3%減の376億300万円、外需は同36・4%減の612億2600万円で、ともに...

工作機械、上期2割減 主要7社の受注実績

日刊工業新聞社が9日まとめた1―6月の工作機械主要7社の受注実績は2087億9800万円で、1―6月としては工作機械業界全体で過去最高の受注を記録した前年同期に...

続きを読む

ICTで「儲かる農業」へ 井関農機、農機・サービス開発

担い手不足が深刻化する日本の農業。この問題を根本的に解決するには作業の効率化や作物自体の品質を向上させ、「魅力的=儲(もう)かる」農業を実現することが不可欠とな...

続きを読む

IBUKI、工具摩耗をAI判定 熟練の技データ化

【山形】IBUKI(山形県河北町、松本晋一社長、0237・72・7121)は、画像認識技術と人工知能(AI)を活用した工具摩耗判定システムを開発した。人の目によ...

続きを読む

大洋電機エンジ、永久磁石同期モーター受注開始 高効率回転・小型化

【横浜】大洋電機エンジニアリング(川崎市幸区、今西憲治社長、044・281・7470)は、モーターの磁石の配列を工夫し回転の効率性を高めた「ハルバッハ界磁型PM...

続きを読む

日本装置開発、CTスキャナー増産へ工場増設

【諏訪】日本装置開発(長野県安曇野市、木下修社長、0263・71・1222)は、自社製品の高速X線CT(コンピューター断層撮影)スキャナー「CTH150/160...

続きを読む

DMG森精機、三重で自社展 工程集約「実例」を披露

DMG森精機は9日、国内最大工場の伊賀事業所(三重県伊賀市)で自社展示会(写真)を開き、複合加工機による工程集約や自動化、人工知能(AI)、第5世代通信(5G)...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

メカトロ・センサ The ビギニング
制御に用いるセンサの選定と使い方

メカトロ・センサ The ビギニング 制御に用いるセンサの選定と使い方

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい真空技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい真空技術の本

わかる!使える!乾燥入門
<基礎知識><準備・段取り><実務作業>

わかる!使える!乾燥入門 <基礎知識><準備・段取り><実務作業>

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる