企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ボッシュ、トラック、乗用車向け燃料電池の大規模生産で協業

(2019/5/8)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ボッシュ

ボッシュ、トラック、乗用車向け燃料電池の大規模生産で協業

スタックの生産を手掛けるPowercell社と提携に合意

ボッシュは、車載燃料電池市場へ参入し、トラック、乗用車向けの燃料電池技術の飛躍的な進化への道を切り開きます。そのための重要なコンポーネントの1つが燃料電池スタックです。スタックは燃料電池のコアであり、水素を電気エネルギーに変換するものです。スタックをさらに改善し、生産するために、燃料電池スタックを生産するスウェーデンのPowercell Sweden ABと提携を結びました。提携のもと、2社は生産可能な固体高分子形燃料電池(Polymer-electrolyte membrane (PME) fuel cell)を共同で開発します。



„ シュテファン・ハルトゥング:「ボッシュは協業により車載燃料電池市場に参入し、商用化を目指します。」
ボッシュとPowercellはスタック開発の協業を継続
ライセンスのもと、ボッシュは自動車市場向けのスタックを共同で開発
2030年には電気自動車のうち燃料電池車のシェアが最大で20%に

シュトゥットガルト、ドイツ – ボッシュは、車載燃料電池市場へ参入し、トラック、乗用車向けの燃料電池技術の飛躍的な進化への道を切り開きます。そのための重要なコンポーネントの1つが燃料電池スタックです。スタックは燃料電池のコアであり、水素を電気エネルギーに変換するものです。スタックをさらに改善し、生産するために、燃料電池スタックを生産するスウェーデンのPowercell Sweden ABと提携を結びました。提携のもと、2社は生産可能な固体高分子形燃料電池(Polymer-electrolyte membrane (PME) fuel cell)を共同で開発します。ボッシュは、これにより開発された燃料電池をライセンスのもと、世界の自動車市場へ向けて生産することになります。スタックが加わることで、ボッシュの燃料電池のポートフォリオが揃うことになり、遅くとも2022年には燃料電池を市場投入する予定です。「ボッシュはすでに燃料電池の分野に精通しており、Powercellとの提携により燃料電池の分野をさらに強化することができます。こうした技術の商用化はボッシュが長けていることの1つです。私達は燃料電池の商用化に取り組み、市場を形成していきます」とボッシュの取締役会メンバーでモビリティ ソリューション事業チェアマンのシュテファン・ハルトゥングは述べています。長期的には、車載燃料電池の事業はボッシュにとって数十億ユーロ規模の売上を生み出す可能性があります。2030年には電気自動車のうち最大で20%が燃料電池車になると試算しています。「専門知識とノウハウの融合により、ボッシュは燃料電池技術が自動車市場に参入する機会を提供します。燃料電池技術の協業において、ボッシュ以上のパートナーはいないと考えています」とPowercell CEOのPer Wassénは述べています。



トラック、乗用車向けの燃料電池技術
ボッシュは、燃料電池技術をより広範に使用するには商用車市場に最もチャンスがあると考えています。EUの規制では、2030年までにトラックに平均で15%の排出二酸化炭素量削減を求めています。これを達成するには、さらに多くのパワートレインの電動化が必要だとボッシュは考えています。燃料電池は重要な役割を担います。燃料電池がトラック向けに商用化されれば、乗用車向けに商用化できる可能性も大いに高まります。しかし、そのためには燃料電池システムにかかるコストを徐々に低くしていく必要があります。システムで最も高額なのがスタックです。スタックは、システム全体のコストのほぼ2/3を占めます。「燃料電池の商品化と広範なマーケティングを通じて、ボッシュは規模の経済を達成し、コストを削減します」とハルトゥングは述べています。水素のコストも下がらなければなりません。現在、水素は主に産業用途向けに製造されており、1キログラムあたりの価格は5ユーロを超えることもあります。生産が増えるにつれて、価格は下がるはずです。1キログラムの水素は、約3リットルのディーゼルと同程度のエネルギーを含みます。 100キロメートルの場合、最新の40トントラックは7~8キログラムの水素を必要とします。

幅広いポートフォリオを持つシステムサプライヤーとしてのボッシュ
水素の生産は、気候に依存せず、グリーン電力を使用することができます。さまざまな企業がグリーン電力による水素生産のプロセスに取り組んでいます。さらに、ドイツには60を超える水素ステーションの小規模ネットワークがあり、この数はさらに増加すると見込まれています。水素タンクは、ほんの数分で圧縮されたガスで補充することができます。燃料電池(またはそのような電池の集合体と呼ばれる燃料電池スタック)において、水素は酸素と反応し、副産物としての水と電気エネルギーが生まれます。これは、車両のバッテリーを充電するためにも、電気モーターに直接電力を供給するためにも使用できます。 2台以上のスタックを柔軟に組み合わせることで、乗用車から大型トラックまで、あらゆる種類の車両の電力要件を満たすことができます。 60人の従業員を擁するPowercellは、燃料電池スタックの手動生産から半自動生産の立ち上げに徐々に移行しています。Powercellは最先端の燃料電池技術を開発し、そのスタックは最大125キロワット出力します。スウェーデンのイェーテボリに本社を置く同社は、2008年にボルボ・グループから分社しました。すでにトラックや自動車のプロトタイプとして使用するための燃料電池を供給しています。ボッシュはまた、燃料電池技術に関する多くの専門知識を持っています。ボッシュは、燃料電池をシステムで供給することができ、トラックや自動車の燃料電池用部品の幅広いポートフォリオをすでに持っています。これらには、パワーエレクトロニクスを備えたエアーコンプレッサーとセンサーを備えたコントロールユニットが含まれます。

定置型燃料電池のさらなる提携
PEM燃料電池と同様に、ボッシュはすでに固体酸化物形燃料電池(SOFC)にも積極的に取り組んでいます。昨年の半ばから、ボッシュはイギリスのCeres Powerと協力して、工場やコンピューティングセンターへの分散型電源などのアプリケーション向けSOFC技術に取り組んでいます。この技術の背後にある考え方は、都市全体、そして工業地域に小さな発電所を設置することです。これらの標準化された発電所は非常に柔軟性があるので、従来の発電所よりもピーク需要をカバーすることができます。協業の目的は、1つのSOFCモジュールが10キロワットの電力を生成できるようにすることです。より多くの電力が必要な場合は、同じ出力のモジュールをいくつでも簡単に相互接続できます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる