企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

レンジャーシステムズ、ブレインズ社とAIカメラ「mono AI」を共同開発、センスタイムジャパン社の画像認識技術を活用した顔認証システム「mono AI-Face」を発表

(2019/5/27)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズ、ブレインズ社とAIカメラ「mono AI」を共同開発、センスタイムジャパン社の画像認識技術を活用した顔認証システム「mono AI-Face」を発表

IoTデバイスの開発、製造およびサービスの開発、提供、運用とモバイルネットワークの構築から運用保守までをワンストップで提供するレンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)は、人工知能や画像音声処理技術をもとに各種製品開発を行っている株式会社ブレインズ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:堀内 岳人、以下ブレインズ)と共同で、高解像度カメラを搭載し、エッジ上で画像解析を実現するAIカメラ「mono AI」を開発しました。 さらに、世界的に高い画像認識技術を持つ株式会社センスタイムジャパン(本社:京都府京都市、代表取締役:勞 世竑(ろう せいこう)、以下センスタイムジャパン)の顔認証ライブラリ「SensePerson」を搭載し、低価格ながら高性能な顔認証システム「mono AI-Face」を2019年秋より販売開始致します。


「mono AI」は、LTE Cat.M1通信機能を搭載したカメラで、内部でAI処理を実現する画像系エッジコンピューティングに最適な製品です。

第一弾のシステムとなる高性能な顔認証システム「mono AI-Face」は、カメラ自動調整機能を持ち、電源を入れるだけの簡単設置で顔認証機能を実現します。さらに防塵・防水性能はIP65レベルに対応するため、さまざまな環境でのご利用が可能です。
「mono AI-Face」は、監視、リモート設定、ソフトウェア更新やAIモデルの管理等の機能を持つ「mono AIクラウド」と併せてご提供します。また、「mono AIクラウド」のAPIから各種システムとの連携が可能です。

レンジャーシステムズは、「mono AI-Face」をはじめ、駐車場管理、オブジェクト認識等、各種システムの開発・製品化・カスタマイズを進め、「mono AI」のラインナップの充実を図ってまいります。

なお、2019年5月29日から5月31日までの3日間、東京ビッグサイトで開催する「ワイヤレスジャパン2019」出展ブースにおいて、「mono AI-Face」を展示致します。

■製品名 : mono AI-Face


■特長 :
- 世界トップクラスの顔認証性能
- 電源を入れるだけの簡単設置
- 立ち止まらず、ゆっくり歩く速度での認証が可能
- LTE Cat.M1対応 (Softbank、au、docomo対応予定)
- IP65相当の防塵・防水性能、自然空冷(ファンレス)
- ローカルで最大10,000人の登録・認証が可能クラウドAPI経由で各種システムと連携可能

■Webサイト:https://ranger-systems.co.jp/service/visualization/ai-face/

■価格 : オープンプライス

■システム構成:

■製品仕様 (予定):




■センスタイムジャパン社からのコメント
顔認識は、様々な分野で注目されており、今後飛躍的に成長する技術になると考えております。
顔認識率99%以上を記録するセンスタイムジャパン社の画像認識技術と、レンジャーシステムズ、ブレインズの製品技術の融合により、世の中に役立つ顔認識ソリューションの創出と普及を期待しております。

株式会社センスタイムジャパン
代表取締役 勞 世竑(ろう せいこう)

■株式会社ブレインズ 会社概要
ブレインズは、常に技術の先進性、製品の高信頼性、高機能性を追求し、半歩先の技術を製品として実現することで、社会に貢献し、社会の「ブレイン」として、共存共栄の精神で発展してまいります。
所在地:東京都世田谷区玉川2-27-8 玉川ビジネスパーク4F
代表者: 代表取締役 堀内 岳人
設立 : 1986年8月6日
事業内容: 映像配信、画像処理装置を中心とした組込み機器(S/W、H/W)の開発
URL : http://www.brains.co.jp/

■レンジャーシステムズ株式会社 会社概要
代表者:代表取締役社長 相原 淳嗣
所在地:東京都港区新橋2-6-1 さくら新橋ビル6F
設立 :2007年10月
資本金:3,000万円
売上高:11億8,698万円(2018年9月期)
事業内容:ネットワーク・システムインテグレーション事業
URL :https://www.ranger-systems.co.jp/


◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先◆
企業名 : レンジャーシステムズ株式会社
担当者 : 経営管理部 嶋、IoT事業部 江野
TEL : 03-6257-1850
E-Mail : information@ranger-systems.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる