企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

JVCケンウッド社の高画質ドライブレコーダー新製品にテックポイントの車載用半導体が採用決定

(2019/5/27)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:テックポイント

JVCケンウッド社の高画質ドライブレコーダー新製品にテックポイントの車載用半導体が採用決定

~HD表示対応のカーナビと連携、録画中の映像モニタリングなどに活用~

テックポイント・インク(米サンノゼ 代表者:社長兼CEO 小里文宏 以下当社)は、当社製の車載用半導体「TP2912」を、カーエレクトロニクス国内大手メーカーである株式会社JVCケンウッド(神奈川県横浜市 代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 江口 祥一郎 以下JVCケンウッド社)のドライブレコーダー新製品に採用されたことを発表致します。 キーワード:車載用、ドライブレコーダー、カーナビ、ビデオエンコーダー、TP2912、半導体


ビデオエンコーダー「TP2912」
運転のしやすさや乗り心地、安心、安全を高いレベルで実現することが求められる自動車や車載機器(※1)。なかでもカーナビゲーションシステム(以下カーナビ)やドライブレコーダーなどの車載機器は、年々、音質や表示解像度などの機能向上が進み、世界で市場規模を拡大しています(※2、3)。

このような市場環境のなか、国内大手カーエレクトロニクスメーカーであるJVCケンウッド社は、より快適な運転環境の実現に向け、ハイビジョン(HD)表示に対応したカーナビ “彩速ナビ”「TYPE M」シリーズを2019年3月上旬より発売。さらに同社は2019年6月に同シリーズに連携可能な専用モデル、高画質ドライブレコーダー「DRV-MN940」の発売を予定しています。このドライブレコーダー「DRV-MN940」に当社製HD対応ビデオエンコーダー「TP2912」が採用されました。

本製品は、ドライブレコーダーで録画中のモニタリング映像や再生映像をカーナビのパネルで表示させるためのHD映像伝送用途で活用されています。ドライブレコーダーに組み込んだ本製品が映像信号を符号化処理し、伝送。映像信号を受けたカーナビで復号し、ディスプレイでの表示や映像データ記録に活用され、快適なHD映像伝送を実現します。これにより、ドライブレコーダーHD映像のカーナビパネル表示機能、HD映像で後方確認を可能にするバーチャルミラー機能など、「TYPE M」シリーズ、「DRV-MN940」の強みである連携機能の実現に貢献しています。

当社は2012年の創業以来、車載カメラシステム向けや監視(防犯)カメラシステム向けに、映像送信および受信を担う半導体の設計を行ってきました。特に、独自のHD解像度クラスの映像送受信規格「HD-TVI」を開発する技術力に強みを持っており、アジア地域や日本国内の数多くの車載機器メーカーに採用されています。この強みが評価され、JVCケンウッド社のカーナビおよびリアカメラ「TYPE M」シリーズに加えて、今回のドライブレコーダー「DRV-MN940」にも採用されました。

当社独自の伝送規格である「HD-TVI」を使った当社の製品ラインアップは、快適なHD映像伝送の実現はもちろん、伝送に既存のケーブルを活用できる点を強みにしています。ドライブレコーダーとカーナビ間でのHD映像伝送は今後さらに利用シーンが拡大する見込みであり、JVCケンウッド社への採用を通じて、カーエレクトロニクス機器の進化に貢献していきたいと考えています。

当社は今後も、市場のニーズを踏まえた製品開発を進めるとともに、車載カメラシステム用製品を拡充し、安心・安全に関わるさまざまなシーンで利用されるカメラを支えていきます。

※1 クロス・マーケティング社 「自動車に関する調査(2017年)」(2017年4月)https://www.cross-m.co.jp/news/release/20170426.html
※2 矢野経済研究所社 「カーナビ世界市場に関する調査」(2018年1月) https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1789
※3 GfKジャパン社「ドライブレコーダー販売動向」(2018年2月) https://www.gfk.com/jp/insights/press-release/1806drivingrecorders/


【製品概要】
製品名:HD-TVIビデオエンコーダ「TP2912」
伝送規格:HD-TVI4.0(当社独自規格)
パッケージ:40ピンQFNなど
品質規格:「AEC-Q100」対応

【JVCケンウッド社概要】
社名:株式会社JVCケンウッド
設立:2008年10月1日
所在地:神奈川県横浜市神奈川区守屋町
従業員数:3,055人(単体)、17,801人(連結)(2018年3月末現在)
事業内容:オートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等
URL:http://www.jvckenwood.com/

【当社概要】
社 名:テックポイント・インク(Techpoint Inc.)
設 立:2012年4月
所在地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ
従業員数:73名(2019年1月末時点)
事業内容:監視(防犯)カメラシステムと車載カメラシステム向け半導体の設計および販売
URL:https://www.techpoint.co.jp/ 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる