企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

「Watch Dogs: Legion」が、NVIDIA GeForce RTX 搭載 PC でDirectX レイトレーシングに対応

(2019/6/12)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:NVIDIA

「Watch Dogs: Legion」が、NVIDIA GeForce RTX 搭載 PC でDirectX レイトレーシングに対応

NVIDIA GeForce RTX が、「Watch Dogs」シリーズの第 3 弾のオフィシャル グラフィックス プラットフォームに



2019 年 6 月 10 日、ロサンゼルス - E3 - NVIDIA と Ubisoft は本日、NVIDIA GeForce RTX が、2020 年にリリース予定の「Watch Dogs: Legion」のオフィシャル グラフィックス プラットフォームになると発表しました。

「Watch Dogs: Legion」は、驚くべきビジュアルで制作された、高い期待を集めているオープン ワールドのアクション アドベンチャーゲームです。 AAA タイトルの「Watch Dogs」フランチャイズの第 3 弾で、このたびリアルタイム レイトレーシングおよびその他の NVIDIA の先進のゲーミング テクノロジを採用することになりました。

NVIDIA の GeForce マーケティング責任者であるマット ウェブリング (Matt Wuebbling) は、次のように述べています。「Ubisoft は、念入りに時間をかけてゲーム内の都市を再構築しており、レイトレーシングが、『Watch Dogs: Legion』の舞台であるロンドンの見た目と雰囲気に、これまでなかったような深みを与えるでしょう。『Watch Dogs』と NVIDIA の連携はフランチャイズの発足時から始まっており、最新作のレイトレーシングによって PC ゲーマーを再び驚かせる準備は整っています」

レイトレーシングは、映画に極めて現実的な視覚効果を与えるために使用されている、先進のグラフィックスの手法です。NVIDIA GeForce RTX GPU には、レイトレーシングを加速させるように特別な設計をされた、特殊なプロセッサ コアを搭載しており、これによって、ゲームの視覚効果をリアルタイムでレンダリングすることができます。

Ubisoft のパートナーシップ & レベニュー担当バイスプレジデントのクリス アーリー (Chris Early) 氏は、次のように話しています。「『Watch Dogs: Legion』の舞台である、近未来のロンドンが、レイトレーシングでしかできない活気とリアリズムによって鮮やかに表現されます。GeForce RTX は、ゲーミングを未来に導くものであり、『Watch Dogs: Legion』に完璧なプラットフォームです」

「Watch Dogs: Legion」は、例を見ないようなゲームプレイのイノベーションであり、プレイヤーは、象徴的な都市であるロンドンで出会う誰かを選び、その人物としてプレイします。このオープン ワールドの中の誰にでもなることができ、どの人物も、それぞれの背景、個性およびスキルを持っていて、それらを通じて自分だけのチームを作り上げることができます。自分のキャラクターをオンラインで呼び出し、友人とチームを組んでロンドンに戻り、4 人が協力するミッション、エンドゲーム チャレンジおよび毎日のイベントに臨みましょう。ようこそ、レジスタンスへ。

さらに詳しい情報は、 www.nvidia.com でご覧いただけます。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blog、 Facebook、 Twitter、 LinkedIn、 Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr。

NVIDIAについて
1999年におけるNVIDIA (NASDAQ表示: NVDA)によるGPUの発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピュータ グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピュータ、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる