企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

JBLより完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルが登場!音楽もファッションも本格的に楽しめる「JBL TUNE120TWS」6月28日(金)より順次発売

(2019/6/18)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ハーマンインターナショナル株式会社

JBLより完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルが登場!音楽もファッションも本格的に楽しめる「JBL TUNE120TWS」6月28日(金)より順次発売

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、「JBL TUNE120TWS (チューン120トゥルーワイヤレス)」を6月28日(金)より順次発売いたします。




「JBL TUNE120TWS」は、大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーライン「TUNE」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホンのベーシックなスペックをすべて搭載し、ファッション性に富んだカラーバリエーションとデザインを兼ね備えているため、完全ワイヤレスイヤホンの入門モデルとして、初心者の方にも最適です。JBLの入門モデルながらJBLらしいサウンドにもこだわり、5.8mm径ドライバーを採用。プレイリストを圧巻のJBLサウンドで再生します。

イヤホン本体は、約2時間の充電で最大約4時間の長時間ワイヤレス再生が可能です。さらに、付属の充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約12時間分の充電をすることができ、合計で最大約16時間の音楽再生が可能。時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、外出先での急な充電切れの際でも安心してお使いいただくことができます。長時間の使用でも快適にお使いいただけるよう、人間工学に基づいた、耳にフィットしやすい形状と装着感を実現しました。

また、通勤や通学など、日常のライフスタイルの中で音楽もおしゃれも本格的に楽しめる豊富なカラーバリエーションをご用意しました。ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの全4色の中から、お好みのカラーをお選びいただけます。
音質やデザインに加え、ハンズフリー通話、GoogleNow やSiriにも対応し、機能面も充実。左右のイヤホンに配置されたボタンをワンタッチするだけで、音楽の再生から通話や音声アシスタント機能へ切り替えることができます。

完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルでありながら、ファッションに合わせやすいカジュアルなデザインと、日常のライフスタイルに使いやすい機能を兼ね備えた「JBL TUNE120TWS」で、お手軽にJBLのパワフルサウンドをお楽しみください。

【特長】
■JBL「TUNE」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホン入門モデルが登場


大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーラインの「TUNE」シリーズより、初の完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE120TWS」が登場。完全ワイヤレスならではのストレスフリーな使用感と、ファッションアイテムとしても映えるスタイリッシュなデザイン性を両立しました。
5.8mm径ドライバーを採用し、世界中のあらゆるシーンで使用されてきた、70年以上の歴史をもつパワフルかつ深みのあるJBLのサウンドを、お求めやすいエントリーモデルでお手軽にお楽しみいただけます。

■最大約16時間のワイヤレス再生を実現


イヤホン本体は、Bluetoothに接続し、約2時間の充電で最大約4時間のワイヤレス再生が可能です。さらに、充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約12時間分の充電をすることができ、合計で最大約16時間の音楽再生が可能。通勤や通学にも十分な再生時間を確保しました。
また、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、約15分の充電で、最大約1時間の音楽再生が可能です。※充電・再生時間は使用環境により異なります。


■音楽もおしゃれも本格的に楽しめる豊富なカラーバリエーション
通勤や通学など、日常のライフスタイルの中でカジュアルにお使いいただけるよう、豊富なカラーバリエーションをご用意しました。ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの全4色展開で、ファッションやシーンに応じてお好みのカラーをお選び頂けます。コンパクトで美しいデザインのポータブル充電ケースを付属し、イヤホンを使用していないときの持ち運びにも便利です。

■ハンズフリー通話に加え、Google Now、Siri機能対応


左右のイヤホンに使いやすく配置されたボタンをワンタッチするだけで、ハンズフリーのステレオ通話が可能です。通勤・通学中やエクササイズ中でも大切な着信を逃しません。さらに、同じくワンタッチ操作でGoogleNow やSiri を起動させることができます。


■耳の小さい方でもフィットするデザイン


人間工学に基づいて設計した、耳にフィットしやすい形状と装着感で、長時間のリスニングでも耳が痛くなることなく、快適に音楽をお楽しみいただけます。


【主な仕様】
製品名:JBL TUNE120TWS
タイプ:Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク
Bluetooth:バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、障害がない場合)
対応プロファイル:A2DP v1.3、AVRCP v1.5、HFP v1.6
ユニット:5.8mm径ドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC
重量:イヤホン本体:各約7.0g、充電ケース:約60.0g
連続使用時間:電池(イヤホン):充電: 約2時間 音楽再生: 最大約4時間、電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約12時間 ※充電・再生時間は使用環境により異なります。
付属品:充電ケーブル、イヤチップ(S / M / L)
価格:オープンプライス ※公式通販サイト販売価格9,880円(税抜)
発売日:ブラック、ホワイト:2019年6月28日(金)、グリーン、ピンク:2019年7月以降 順次発売予定

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
※Google Nowは、Google Inc.の商標です。Siriは、Apple Inc.の商標です。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナル株式会社
Tel:0570-550-465
https://www.harman.com/japan

製品画像ダウンロード
http://press.harman-japan.co.jp/

ハーマン公式通販サイト
https://jp.harmanaudio.com

コーポレートサイト
https://www.harman.com/japan

製品サイト
http://marklev.harman-japan.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる