企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

バラクーダ、Barracuda Advanced Bot Protectionを発売開始

(2019/7/2)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:バラクーダネットワークスジャパン株式会社

アプリケーションセキュリティをリードするバラクーダが、自動的な攻撃を防止するために、ML(機械学習)を導入

クラウド対応のセキュリティソリューションをリードするプロバイダであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越大造、以下バラクーダネットワークス)はBarracuda Advanced Bot Protectionを発売開始しました。


ハイライト

·Barracuda Advanced Bot Protection は、AI(人工知能)とML(機械学習)を使用して、悪意のあるボットを検出および防止します
·ボットスパム検出、クレデンシャルスタッフィング対策、リクエストリスクスコアリング、およびクライアントフィンガープリンティングを機能として実装しています
· AI/MLクラウドレイヤは、インバウンドトラフィックから常に学習し、通常とは異なるアプリケーションアクセスパターンを検出し、クライアントリスクスコアを計算します

クラウド対応のセキュリティソリューションをリードするプロバイダであるバラクーダは、本日、Barracuda Advanced Bot Protectionのリリースを発表しました。Barracuda Advanced Bot Protectionは、AIとMLを使用して、最新の自動的な攻撃を防止します。また、Barracuda WAF-as-a-ServiceとBarracuda Web Application Firewallの両方のプラットフォームで提供されています。

2019 Verizon Data Breach Investigations Reportによると、Webアプリケーションは侵害の原因になるハッキングの最大の攻撃ベクタであり、悪意のあるボットはアプリケーションセキュリティへの深刻な脅威になります。ボットは、簡単なスクリプトを使用するものから、ヘッドレスブラウザ、MLなどの高度な技術を使用して従来のアプリケーションセキュリティ対策をバイパスするものへと進化してきました。企業には、このような進化する攻撃を常に防止できるアプリケーションセキュリティソリューションが必要です。

ガートナー: ボット攻撃の主要なタイプには、DDoS(分散サービス拒否)、不正購入、Webスクレイピング、脆弱性スキャン、およびエクスプロイトがあります。教師なし学習を使用すると、人間による通常のトラフィックの特性を学習し、ボットを異常として検出できます。教師あり学習を使用すると、自動的な動作に関連する機能を識別できます。1

Barracuda Web Application Firewall で提供されている Barracuda Advanced Bot Protection には下記の機能が実装されています。

·ボットスパム検出: リファラスパムを削減し、コメントスパムを防止します
·クレデンシャルスタッフィング対策: アカウント乗っ取り攻撃を防止するために、クレデンシャルスタッフィングを防止します
·リクエストリスクスコアリング: インバウンドリクエストを追跡し、高度な動作分析によって攻撃者を検出します
·クライアントフィンガープリンティング: IPアドレスより忠実にユーザを追跡します。
·専用のボット軽減UI(ユーザインターフェース): 新しいUIによって、ボット軽減機能を簡単に設定できます

バラクーダ、データ保護/ネットワーク/アプリケーションセキュリティ担当シニアバイスプレジデント、Tim Jefferson:「現在の進化する攻撃を効果的に防止するには、高度なボット軽減機能が必要です。従来のWebアプリケーションファイアウォールは高度なボット対策を実装しているとはかぎらず、一部のボット軽減機能ベンダはWebアプリケーションファイアウォールに統合されていないポイントソリューションのみを提供しています。Barracuda Advanced Bot Protectionは、バラクーダのWebアプリケーションファイアウォールに完全に統合されており、簡単に導入および管理できる完全なアプリケーションセキュリティソリューションとして提供されています。」

Barracuda WAFで提供されている Barracuda Advanced Bot Protection の詳細:
https://www.barracuda.com/products/webapplicationfirewall

リソース
Barracuda WAF-as-a-Serviceに関する情報:
https://www.barracuda.co.jp/products/waf-as-a-service/

Barracuda Web Application Firewallに関する情報:
https://www.barracuda.co.jp/products/waf/

ブログ: http://cuda.co/35615

1 Assessing the Impact of Machine Learning on Security、発行: 2019年5月6日、Anna Belak、Anton Chuvakin、Augusto Barros

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる