企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

アイロボットジャパン 床拭きロボット「ブラーバ ジェット(R)m6」を発売

(2019/7/23)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アイロボットジャパン合同会社

アイロボットジャパン 床拭きロボット「ブラーバ ジェット(R)m6」を発売

~ルンバ(R)i7シリーズと連携する独自の新技術「Imprint(TM)リンク」テクノロジーを搭載~

アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都千代田区/代表執行役員社長 挽野元)は、ブラーバのフラッグシップモデル、床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」を2019年7月26日(金)より全国のアイロボット認定販売店ならびにアイロボット公式ストアにて販売開始いたします。



 アイロボットが開発した「ブラーバ ジェットm6」は、日常生活に伴うベタベタした皮脂汚れからこびり付いた汚れ*1、キッチンの油汚れなどをジェットスプレーで浮き上がらせて拭きとる床拭きロボットです。シーンに合わせて水拭きとから拭きの2種類の清掃モードが選択でき、薄型のデザインにより、部屋の隅から手の届きにくい家具の下などボタン一つで最大60畳*2まで清掃、家中の床を一度に拭き掃除することができます。

 「ブラーバ ジェットm6」はブラーバシリーズとして初めて本体にカメラを搭載し、iAdapt(R)3.0 ビジュアルローカリゼーションによる高度なナビゲーションを実現しました。ルンバのフラグシップモデル「ルンバi7」シリーズにも搭載された「Imprint™スマートマッピング」技術が、最大10の異なるフロアのマップ(間取り図)を作成し、最適なパターンで効率的に拭き掃除します。リビングやキッチンなどの部屋の種類を記憶できるので、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみ掃除することや、曜日や時間ごとに掃除をする範囲の調整もできます。

 さらに、アイロボット独自の新技術「Imprint™リンク」を搭載。「ルンバi7」シリーズと一緒に使用すると、ロボット同士が連携し、ルンバの清掃後に「ブラーバ ジェットm6」が自動で起動。人間が指示を出すことなく掃除機掛けから拭き掃除まで一貫してロボットに任せることができるようになりました。

 「ブラーバ ジェットm6」には、シリーズ初となる自動充電&自動再開機能を搭載。状況に応じて自動でホームベースに戻って充電、充電後は清掃を再開し、床をくまなくキレイにします。また、同シリーズで初めてWi-Fi(R)に対応、iRobot(R)HOME*3アプリを使えば外出先からも清掃を開始できる*4他、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけるだけで操作することができます。

 アイロボット・コーポレイションCEOコリン・アングルは次のように述べています。「ブラーバ ジェットm6の登場で、ロボット同士が自動で連携し、人間の手を煩わせることなく掃除を完了できるようになりました。まさに掃除の常識を変える革命的な技術革新であると自負しています。これからもアイロボットは、実用的なロボットの開発により、消費者の豊かな生活の後押しをしていきたいと考えています」。

■製品概要




製品の主な特長

■水拭きとから拭き、選べる2つの清掃モード
専用のクリーニングパッドを取り付けると、2つのモードからパッドに合った清掃モードが自動的に選択されます。拭き掃除が終わったら、ボタン1つで汚れに触れることなくパッドを取り外すことができます。いずれのモードでも一回の充電で最大60畳*2まで清掃が可能です。



水拭き:
ウェットパッドには吸水性のある繊維が使用されており、ベタベタした汚れやこびり付き汚れ*1、キッチンの油汚れをジェットスプレーが浮かせてキレイに拭き取ります。また、Braava jet(R)床用洗剤をタンクに水と一緒に入れることで、爽やかな香りがしてよりスッキリとした仕上がりになります。


・から拭き:
ドライパッドは静電気の力を使ってゴミやホコリ、髪の毛、ペットの毛などをとらえます。





■Imprint™スマートマッピング

「ブラーバ ジェットm6」は、高性能なセンサーを搭載したiAdapt(R)3.0 ビジュアルローカリゼーションにより、部屋の状況を学習して記憶。的確に部屋から部屋へと移動し家中を清掃します。1階と2階の区別も可能な上(最大10の異なる間取りを記憶)、ブラーバが自身の位置を正確に把握しているので、各部屋に最適なパターンで清掃。また、部屋を「キッチン」や「リビング」などそれぞれの名前をつけて管理できるので、曜日ごとに清掃する部屋や時間を設定し、清掃スケジュールを自在にコントロール可能。さらに、一つの部屋をアプリ上で区切り、特定のエリアのみの掃除を指示することもできます。



■新技術 Imprint™リンク
「ルンバi7」シリーズと連携し、ルンバの掃除が完了後、「ブラーバ ジェットm6」が自動で起動して拭き掃除を開始。掃除機掛けの後に自動で拭き掃除まで行う、ルンバとブラーバの最強タッグが新たなレベルの清掃力を実現します。また、2019年末までにはルンバ900シリーズとの連携が可能になり、すでに同機種をお持ちの方でもソフトウェアをアップデートすることにより「ブラーバ ジェットm6」との連携ができます。


■Wi-Fi(R)対応
iRobot(R)HOMEアプリを使用したスマートフォンによる操作により、清掃モードの設定や清掃する部屋の選択やスケジュール設定などの細かなカスタマイズができる他、外出先からも清掃を開始*4することができ、清掃完了時にはスマートフォンに通知が届き、清掃状況の確認もできます。また、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけるだけでブラーバを操作することが可能です。



■ホームベースで自動充電
バッテリー状況に応じて自動でホームベースに戻って充電します。清掃が完了していない場合は、充電後に清掃を再開します。



■進入禁止エリア機能
進入禁止エリア機能で、ブラーバが進入できないエリアをiRobot(R)HOMEアプリから簡単に設定することができます*5。また、見えない壁を作って侵入を防ぐデュアルバーチャルウォール(別売)が利用できます。



■洗って繰り返し使える専用のクリーニングパッド
床を拭いたあと、洗濯することで繰り返し使えるクリーニングパッドも購入時に付いています。



■主な機能



*1:SPOTモードでの試験結果。
*2:iRobot(R)HOMEアプリから設定した場合。初期設定は最大24畳になります。
*3:iRobot(R)HOMEアプリ対応を使用するには、ロボットがIEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯)のWi-Fiネットワークに接続している必要があります。アプリの最新の対応端末や要件はApp StoreまたはGoogle Playからご確認ください。
*4:外出先から遠隔操作する前に、ロボットが正常に動作することをご確認ください。また、ロボット以外の機器が誤作動しないことをご確認ください。
*5:2019年夏対応予定。
*6:iRobot(R)HOMEアプリから設定。
*7:Googleアシスタント、Amazon Alexaに対応。

■製品情報URL: https://www.irobot-jp.com/braava/m-series/

アイロボット・コーポレイションについて
アイロボットは世界有数の家庭用ロボットカンパニーであり、家庭内外でより多くの仕事ができるよう人を支援するロボットの設計と製造を行っています。2002年にロボット掃除機ルンバ(Roomba(R) Vacuuming Robot)を発売し、ロボット掃除機市場を創出して以来、全世界で2,500万台以上のロボットの販売実績を誇ります。ロボット掃除機ルンバと床拭きロボットブラーバのシリーズをはじめ、清掃・床拭き・ナビゲーションにおける特許技術と先進的なコンセプトを有し、スマートホーム実現のため、ロボットのエコシステムの構築に取り組んでいます。

iRobot、iRobotロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、iAdapt、バーチャルウォール、仮想壁、ホームベース、Braava、ブラーバ、Braava jet、ブラーバ ジェット、Clean Map、Imprint、Clean Base、クリーンベース™は、アイロボットの登録商標または商標です。App Storeは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。Google Play、GoogleアシスタントはGoogle LLCの商標または登録商標です。Amazon、AlexaはAmazon .com,Incおよびその関連会社の商標または登録商標です。Wi-FiおよびWi-FiロゴはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる