企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

クラウドストレージをローカルドライブとして使用できる『Air Live Drive Pro』の販売を開始

(2019/7/25)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社ライフボート

クラウドストレージをローカルドライブとして使用できる『Air Live Drive Pro』の販売を開始



システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山崎 高弘、URL: https://www.lifeboat.jp/) は、Iniciativas Informaticas y de Comunicacion, S.L.社が開発した、様々なクラウドストレージに自動で接続して、ローカルドライブのような感覚で使用することができるソフト「Air Live Drive Pro(エアーライブドライブプロ)」を2019年7月26日より販売代理店を通じて販売を開始します。


「Air Live Drive Pro」の価格は、ダウンロード版3,800円(税別)となります。

「Air Live Drive Pro」は、Dropbox、Google Drive、OneDrive、Boxなどのクラウドストレージを外付けハードディスクのような感覚で手軽に利用できるツールです。各クラウドの専用アプリを使用することなく、ローカルドライブと同じようにクラウドストレージに自動でアクセスできるようになります。複数アカウントにも対応していますので、同じクラウドを仕事用/プライベート用などの使い分けが行える他、クラウド上のみにデータを保存することができるため、ディスク使用量を節約したり、内蔵ドライブの容量の小さいPCで、クラウドストレージを追加領域として使用したりすることができます。





Air Live Drive Pro の特長


■ クラウドストレージをローカルドライブとして使用
Dropbox、Google Driveなどのクラウドストレージをローカルドライブのように使用することができます。接続情報は保存されるので、使いたい時にすぐにアクセスすることができます。


■ クラウド上のファイルを直接編集可能
クラウド上のファイルを直接参照したり、編集することも可能です。もちろんエクスプローラでローカルにあるファイルをクラウドストレージにコピーしたり、クラウドストレージ間でのファイルコピーなども可能です。


■ 同一クラウドストレージの複数アカウントの対応
同一クラウドストレージを仕事用、プライベート用などで、複数のアカウントで使用している場合、それぞれ独立したドライブとしてアクセスすることができます。


■ PCのディスクスペースを拡張
クラウドストレージは、アカウントを作成することで、一定の無料のスペースが提供されます。上手く活用することで、パソコンの使用領域を拡張することができます。DropBox、Google Drive、One Drive、Boxなどの無料スペースを使用するだけで、以下の領域が使用できるようになります(2019年7月時点)。

■ パソコンと一緒に自動起動、ドライブへの自動接続が可能
必要な時に接続して使用するだけでなく、パソコンの起動時に、Air Live Drive Proを自動起動したり、クラウドストレージに自動接続することも可能です。


■ 対応するクラウドストレージ
Google Drive、OneDrive、OneDrive for Business、Dropbox、Box、MEGA、Naver、Yandex、Mail.ru、Mail.com、Magenta CLOUD、Hidrive、Stack Storage、Datto Drive、Adrive、pCloudなどに対応しています。クラウドストレージ以外にも、WebDeb、SFTPでアクセス可能なストレージであれば、マウントすることが可能です。


■ その他の機能、特長
- エクスプローラメニューへの統合(共有リンクの作成が可能)
クラウドストレージ上にある、ファイルやフォルダの共有リンクをエクスプローラの右クリックのメニューから作成することができます。ファイルを他のユーザと共有したい場合などに便利な機能です。

- 読み取り専用として接続可能
内容を変更したくないストレージなどは、読み取り専用としてアクセスすることができます。

- キャッシュシステムによるファイルアクセスの高速化
クラウドストレージへのアクセスを高速化するために、独自のキャッシュシステムが搭載されています。キャッシュサイズやキャッシュのクリアなど、ストレージ毎に設定することができます。

- 起動パスワードの設定
ソフトの起動パスワードを設定することで、クラウドストレージへのアクセスを制限することができます。

■ 対応OS
Windows 7/8.1/10(32ビット/64ビット)

■ 電話/メールサポート付き、PDFマニュアルも同梱
PDFの操作マニュアルが用意されていますので、マニュアルを見ながら操作することができます。操作が難しい場合には、電話やメールでサポートセンターにお問い合わせ頂くこともできますので安心です。


Air Live Drive Pro の詳細は、

https://www.lifeboat.jp/products/aldp/index.php をご覧ください。


Air Live Drive Proの製品ロゴ、画面データは、下記サイトよりダウンロードが可能です。

https://support.lifeboat.jp/archives/aldp/aldp_Img.zip


お問い合わせ先

株式会社ライフボート 製品企画部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: sales@lifeboat.jp
https://www.lifeboat.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる