企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

プロジェクターを天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置でご使用時の落下のおそれについて

(2019/8/19)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:エプソン販売株式会社

プロジェクターを天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置でご使用時の落下のおそれについて

 セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、社長:碓井 稔)およびエプソン販売株式会社(本社:東京都新宿区、社長:鈴村 文徳)は、セイコーエプソンが製造し、エプソン販売が販売したプロジェクター(以下、エプソンプロジェクター)の一部において、空気中に漂う油煙が多い環境に天吊り設置されたプロジェクターの外装ケースおよび金具固定部に油が付着すると、金具固定部のプラスチックが化学反応で劣化・破損して、天吊金具や壁掛け金具からプロジェクターが落下するおそれがあることが判明しました。以前より、取扱説明書などで設置方法における注意事項を記載しておりますが、落下による事案が発生したため、落下状況によっては人的被害を含む重大な事故に至る可能性を懸念しておりますので、お知らせいたします。


 現在、天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置でエプソンプロジェクターをご使用されているお客様におかれましては、大変お手数をお掛けいたしますが、設置環境や状態をご確認の上、少しでもご心配・ご不安な点がある場合は、「5.お客様へのお願い」に記載の「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」までご連絡ください。詳細確認の上で、必要に応じて無償で点検を実施させていただきます。

<落下が想定される設置方法>

 なお、設置されているプロジェクター本体が傾いている、または、金具から外れかかっている場合は、すぐにご使用を中止し、プロジェクター設置箇所に近づかないようにしていただき、速やかに、特別対応受付専用窓口までご連絡ください。

 本件につきましては、2018年9月以降、弊社ホームページなどを通じてご案内をしてまいりましたが、お伝えできていないお客様も多くいらっしゃることから、弊社ではさらなる周知が必要と判断し、8月20日(火)の新聞朝刊にてお知らせを掲載するとともに、お客様に広く告知してまいります。
 ご愛用のお客様には、ご心配とご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。今後、さらなる品質向上・管理に一層努力を重ねてまいりますので、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


1.落下に至る要因
 プロジェクターの外装ケースや金具固定部(以下、ケース)に、油・潤滑剤・洗剤・溶剤・接着剤・薬品などが付着した場合、また、空気中に漂う油煙が多い環境や溶剤・薬品が揮発している空間にプロジェクターがある場合、化学反応により付着箇所のケースのプラスチックが劣化します。この環境下で天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置をしている場合には、劣化箇所に商品自体の重さが加わることでケースが破損するおそれがあり、破損の程度によっては金具からプロジェクターが落下することがあります。

<油煙の蓄積によるケース破損例>



2.プロジェクターの落下が想定される設置方法、環境・場所
以下の設置方法、環境・場所においてご使用の場合、ケース破損により金具からプロジェクターが落下する可能性があります。なお、油煙や揮発した溶剤・薬品が存在しない環境(一般的な会議室や一般教室など)では、ケース破損による落下は発生しません。


※スモーク対応機種(EB-L25000U、EB-L20000U、EB-L12000Q)は、当該機種の取扱説明書をご確認の上、ご使用ください。
<環境例>


3.対象機種
 今回の対象機種は、1994年以降に製造された全369機種のうち315機種になります。(2019年8月19日現在)

現在販売商品の対象機種>55機種
EB-U42/W41/X41/S41/W05/X05/S05
EB-1795F/1785W/1780W
EB-2265U/2247U/2155W/2065/2142W/2042
EB-990U/980W/970/960W
EB-535W/530/536WT
EB-700U/685W/680
EB-1470UT/1460UT/1440UT
EB-710UT/696UT/695WT/685WT
EB- G7400U/G7200W/G7000W/G7900U/G7800
EB- L610U/L615U/L510U/L610W/L400U
EH-TW8400W/TW8400/TW6700W/TW6700/TW5650S /TW5650/TW650S/TW650
EF-100B/100W/100BATV/100WATV
※以上の他、260機種が対象となります。型番の確認方法は、ホームページ(epson.jp/tenken/)の
「3. 対象機種の確認方法」でご確認いただけます。

4.対象外の機種
 以下の34機種は商品質量や使用条件を想定し、金具の固定方法に金属を用いた構造設計となっているため、ケース破損による落下は発生しません。なお、他の機種においても「2. プロジェクターの落下が想定される設置方法、環境・場所」以外のご使用では十分な安全性が確保されています。(2019年8月19日現在)

<対象外機種>
EB-L25000U
EB-L20000U/L12000Q
EB-L1750U/L1755U/L1500UH/L1505UH
EB-L1500U/L1505U/L1405U/L1300U/L1100U/L1000U
EB-Z10000U/Z10005U/Z9870U/Z9750U/Z11000W/Z9900W/Z9800W/Z11005
EB-Z8450WU/Z8455WU/Z8350W/Z8355W/Z10000/Z10005/Z8150
EB-Z8000WU/Z8050W
EH-LS10000/LS10500
EV-100/105
※ただし、「2. プロジェクターの落下が想定される設置方法、環境・場所」に記載の設置方法、環境・場所でご使用の場合、各部の故障/投写映像の品質劣化/光学部品などの交換サイクルが短くなることがあります。

5.お客様へのお願い
 「2. プロジェクターの落下が想定される設置方法、環境・場所」に記載の設置方法、環境・場所でご使用の場合、またはケースに油汚れなどによるべたつきのある場合は「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」にご連絡ください。また、少しでもご心配・ご不安な点があるお客様も、対応受付専用窓口までご連絡ください。詳細を確認させていただき、必要に応じて無償で点検を実施させていただきます。  
なお、プロジェクター本体が傾いている、または金具から外れかかっている場合は、すぐにご使用を中止し、プロジェクター設置箇所に近づかないでください。




<無償点検までの流れ>
(1)お客様から弊社特別対応受付専用窓口にご連絡をお願いします。
(2)弊社特別対応受付専用窓口では、お客様の連絡先やご使用の機種、設置環境などの詳細を確認させていただき点検・修理の必要性を判断いたします。
(3)点検・修理が必要な場合、後日、弊社サービス担当者から訪問日時調整のためにお客様に連絡させていただきます。
(4)ご指定場所に弊社サービス担当者が訪問し、現地にて無償点検を実施いたします。
※窓口の混雑状況やお申し込みの時間帯によりましては、ご連絡を差し上げるまでに、少しお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
<注意事項>
(1)点検はエプソンプロジェクターに限らせていただきます。
(2)設置環境を確認した結果、点検の必要がないと判断する場合がございます。
(3)取扱説明書などに記載している警告や注意に反する使用方法によって発生した故障及び損傷の修理を行う場合は、有償修理となります。
(4)販売終了後6年経過した製品は修理できない場合があります。以下の修理サービスページにて修理対応期限をご確認ください。
■ホームプロジェクター修理サービスについて
 https://www.epson.jp/support/shuri/repair/list/14.htm
■ビジネスプロジェクター修理サービスについて
 https://www.epson.jp/support/shuri/repair/list/15.htm


セイコーエプソン株式会社およびエプソン販売株式会社は、今後も油煙などの使用禁止環境を周知徹底すると共に「お客様優先」の考え方に立ち、よりよい品質保証体制を確立し、お客様の安全と信頼と満足を得る製品とサービスを提供することを基本とし、製品の品質向上に努めてまいります。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

メカトロ・センサ The ビギニング
制御に用いるセンサの選定と使い方

メカトロ・センサ The ビギニング 制御に用いるセンサの選定と使い方

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい真空技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい真空技術の本

わかる!使える!乾燥入門
<基礎知識><準備・段取り><実務作業>

わかる!使える!乾燥入門 <基礎知識><準備・段取り><実務作業>

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる