企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ウエスタンデジタル、2020年上半期に18TB CMRおよび20TB SMR HDDを投入しデータセンター分野を牽引

(2019/9/9)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ウエスタンデジタル

ウエスタンデジタル、2020年上半期に18TB CMRおよび20TB SMR HDDを投入しデータセンター分野を牽引

業界最高水準の面記録密度により最高のストレージTCOを実現し、ゼタバイト時代を切り開く


WDC Ultrastar DC HDD


WDC Ultrastar HDD Family
ニュースのハイライト:
• エンタープライズHDD市場の根強い継続的な需要を受け、2018~2023年度のエクサバイトレベルの容量出荷の年間成長率は36%となる見通し(1)
• 新たな9ディスクプラットフォームとエネルギーアシスト磁気記録を統合し、OEMやハイパースケールデータセンター顧客に世界最大容量のドライブを提供
• 年内に、18TB CMR(Conventional Magnetic Recording) Ultrastar(R) DC HC550 および20TB Ultrastar DC HC650 SMR(Shingled Magnetic Recording) HDDの製品サンプルを提供予定

ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は、データセンターセンター顧客からのTCO(総所有コスト)の低減要求に対応し、9ディスクメカニカル・プラットフォームとエネルギーアシスト磁気記録テクノロジーの開発を促進して、面記録密度で業界を牽引した最大容量クラスのドライブを提供します。18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDD( https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives/ultrastar-dc-hc500-series-hdd )および 20TB Ultrastar DC HC650 SMR HDD( https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives/ultrastar-dc-hc600-series-hdd )の製品サンプルを2019年末までに特定の顧客向けに提供予定で、量産開始は2020年上半期の予定です。

2019年6月にテクノロジー・プレビューを行なった20TB SMRドライブの量産早期立ち上げは、拡大するエコシテムと業界のSMRドライブの採用を支援します。ウエスタンデジタルは、2023年までに、HDDエクサバイトの出荷台数の半分がSMR技術を採用したものになると予測しています。(2)

ドロップボックス社のエンジニアリング担当バイスプレジデント、Akhil Gupta(アキール・グプタ)氏は次のように述べています。「ドロップボックスでは常に、データセンターの効率性・パワーを向上させる方法を模索しています。SMRドライブが20TBのキャパシティポイントを達成し、当社の顧客への連携強化と、長期的な価値を提供できることに喜びを感じています。」

ウエスタンデジタルは、重要なキャパシティポイントのすべてにおいてコスト最適化した、独自の幅広いエンタープライズHDD製品ポートフォリオを提供予定です。6ディスク 10TB Ultrastar DC HC330 エア充填HDD、8ディスク 14TB Ultrastar DC HC530 ヘリウム充填HDD、9ディスク 18TB Ultrastar DC HC550 ヘリウム充填HDD、9ディスク 20TB Ultrastar DC HC650 ヘリウム充填HDDなどです。ウエスタンデジタルの確固とした事業展開は、業界唯一の14TB 8ディスク CMR ドライブであるUltrastar DC HC530 HDD(3)の早期量産立ち上げやキャパシティポイントにおける大きなシェアに繋がりました。TRENDFOCUSは、2020年前半は、14TBが業界の主要なキャパシティポイントとなると予想しています。

ウエスタンデジタルのデータセンターデバイスのジェネラルマネージャー兼シニアバイスプレジデントであるChristopher Bergey(クリストファー・バーギー)は次のように述べています。「当社は引き続き、業界最高クラスの面記録密度、革新的技術および先進的な材料を最適な組み合わせによって、TCOを低減した効率的なパーパスビルト・ストレージの提供に向け変革を推進します。メカニカル設計の豊富な知見を投入したエネルギーアシスト磁気記録の市場導入の成功により、14TBから18TBへ容量を大幅に拡大したスケーラブルHDDプラットフォームをお客様に提供することができます。」

TRENDFOCUSのバイスプレジデントであるJohn Chen(ジョン・チェン)氏は次のように述べています。「データセンターへのデータ量が増大し続けるなか、最終的により良いTCOを実現するためには、ストレージ容量の拡大が求められています。ウエスタンデジタルは、6枚、8枚および9枚のディスクプラットフォームにおいて10TB/14TB/18TB のキャパシティポイントを選択し、より複雑さを増すワークロードに対応して成長するハイバースケールデータセンターの要求に応えるセグメンテーションを提供しています。」

ブロードコム・データセンターソリューショングループのプロダクトラインマネージャーであるRick Kutcipal(リック・カチパル)氏は次のように述べています。「当社は引き続きウエスタンデジタルと連携し、幅広いエコシステムに、ホストマネージドSMRや従来のCMR HDD大容量ソリューションを提供していきます。ブロードコムは、業界をリードするエンタープライズストレージインフラストラクチャのサプライヤーです。当社の目標は、リスクを低減しつつ総システムコストの低減も実現する、最適なインフラ設計を顧客に構築していただくことです。 ウエスタンデジタルと当社は、常に最大容量を提供し続けることで、今後何世代にもわたり迅速な製品化およびTCOのメリットをお客様にお届けすることができます。」

提供時期について
ウエスタンデジタルの「10TB Ultrastar DC HC330」および「14TB Ultrastar DC HC530」は提供を開始しています。「20TB Ultrastar DC HC650 SMR HDD」および「Ultrastar DC HC550 CMR HDD 18TB / 16TB」 の製品サンプルは、2019年末までに特定の顧客向けに提供予定で、2020年上半期には量産を開始する予定です。

参考資料(英語):
SMR: What we learned in our first year : https://blogs.dropbox.com/tech/2019/07/smr-what-we-learned-in-our-first-year/
One Year Later…Dropbox Continues to Innovate with Western Digital : https://blog.westerndigital.com/dropbox-continues-innovate-western-digital/?utm_medium=pr1&utm_source=na&utm_campaign=CapEntRelease&utm_content=na&utm_term=na

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造します。データインフラストラクチャーのリーダーとして、かつてなく多様化するデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルは、Western Digital(R)、G-Technology™、SanDisk(R)、およびWD(R)のブランドでデータ・セントリック・ソリューションを展開しています。

(1)TRENDFOCUS 2019年第2四半期 「Quarterly Update and Revised Long-Term Forecast(四半期及び長期的展望の改訂版)」
(2)ウエスタンデジタルの社内のモデリングデータ(2019年2月、4月)
(3)ウエスタンデジタル社内データおよびTRENDFOCUS 2019年第2四半期 「Quarterly Update and Revised Long-Term Forecast(四半期及び長期的展望の改定版)」に基づき算出

ストレージ密度において、1TBは1兆バイトを指します。使用できる全体容量は動作環境に よって変わります。製品仕様は、予告なしに変更される場合があります。地域により、提供されていない製品もあります。

(C) 2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

Western Digital, the Western Digital logo and Ultrastar are registered trademarks or trademarks of Western Digital Corporation or its affiliates in the US and/or other countries. All other marks are the property of their respective owners. Product specifications subject to change without notice. Pictures shown may vary from actual products. Not all products will be available in all regions of the world.

Forward-Looking Statements
This news release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties, including, but not limited to, statements regarding market positioning; product features, cost and availability; and market trends. Forward-looking statements should not be read as a guarantee of future results, and will not necessarily be accurate indications of the times at, or by, which such results will be achieved, if at all. Forward-looking statements are subject to risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from those expressed in or suggested by the forward-looking statements.

Key risks and uncertainties include volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company’s filings with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”) and available on the SEC’s website at www.sec.gov, including our most recently filed periodic report, to which your attention is directed. We do not undertake any obligation to publicly update or revise any forward-looking statement, whether as a result of new information, future developments or otherwise, except as required by law.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる