企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

NI、EV向けHILリファレンス・テストアーキテクチャを発表

(2019/11/14)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ナショナルインスツルメンツ

NI、EV向けHILリファレンス・テストアーキテクチャを発表

ユーザ定義の柔軟性の高いテストシステムを柔軟によるEV HILワークフローの最適化により、顧客のテストシステム開発期間の短縮とテストカバレッジの拡大を支援



自動テスト/自動計測システムの開発とパフォーマンスを加速する、ソフトウェア定義プラットフォームのプロバイダであるNI(Nasdaq:NATI)は、電気自動車(EV)パワートレインコンポーネントのHILテスト向けの新ソリューションを発表しました。

EVを可能な限り迅速に市場投入したい自動車メーカーにとって、政府の温室効果ガスの排出量の削減と燃費向上に対するプレッシャーは、ますます大きくなっています。パワートレインテストのエンジニアにとってEVへの移行は、新たなそして継続的な技術の進化を意味し、テスト要求の急激な変化とタイトなテストスケジュールへの対応が必要とされます。

NIは、従来からあるターンキーベンダーが提供する機能固定のテストシステムを使用する場合よりも、迅速かつ効率的にテストシステムの変更や機能拡張が行えるソリューションをエンジニアに提供します。今回発表するEV向けHILテストアーキテクチャを用いることにより、テストエンジニアはシステム要件を柔軟に調整し、急速に変化するテスト要件に対して必要な頻度でI/Oを変更できるため、市場投入までの時間短縮が可能です。NIの HILテストシステムは、自動車業界にてNIが得た最善策に基づくリファレンス・テストアーキテクチャで構築されています。EV向けHILテストアーキテクチャは、以下の標準的な出発点を提供します。

測定対象物
●トラクションインバーター、DC/DCコンバーター、充電器などのパワートレインコンポーネント

EV向けHILリファレンス・テストアーキテクチャの特徴
●パワーエレクトロニクスとプラントモデルを統合した充実度の高いシミュレーション
●信号パスのスイッチングおよび信号調節
●センサーと負荷のシミュレーション
●I/O信号の欠陥生成
●シーケンステスト
●テストレポート生成機能

高性能EV HILテストシステムの構築のためには、複数のベンダーによる共同開発が必要です。NIは、OPAL-RTなどの企業と連携し、高度なeHS電気ソルバーと電気機械ライブラリを使用して、シームレスで忠実なモデル統合を実現します。OPAL-RTモデルとテストシステムをシームレスに統合することで、テストの開発時間を短縮しながら結果の解像度を高め、設計サイクルを短縮し、テストデータからより良い洞察を得ることができます。

OPAL-RTでCTO兼CEOを務めるJean Belanger氏は、次のように述べています。 「このコラボレーションにより、自動車の主要コンポーネントを全てカバーできるエンドツーエンドソリューションを開発できると考えています。このコラボレーションにより、PXIやCompactRIOといった、実績のあるNIハードウェアプラットフォームを用いたFPGAベースの電気ソルバーの開発が容易になり、最先端のHILテクノロジーへの注力を維持することが可能です」

さらにNIは、お客様にとって最適なツールが連携して機能するために、HILワークフロー全体におけるツールチェーンの統合にも投資しています。

●NIは、プリコンフィギュアされたHILシステムを提供するために、ETASとの合弁会社ETAS NI Systems GmbH&Co. KGを設立
●NIは、Simulink(R)ソフトウェアのメーカーであるMathWorksとモデル統合について協業開始

EV向けHILリファレンス・テストアーキテクチャと、ワークフロー統合に対するNIの投資は、テスト要求の変化が激しい新技術向けのHILテストにおいて最適なアプローチです。ユーザが柔軟に構築できるNIのオープンなプラットフォームは、検証チームのテスト開発時間短縮と、テストカバレッジの拡大を支援し、急速に変化する自動車技術の革新ペースへの追従に貢献します。詳細はこちらをご参照ください(EV Powertrain Test)。
http://www.ni.com/ja-jp/innovations/automotive/powertrain.html?cid=News-127916-Global-

NIについて
NI(ni.com)は、現在だけでなく将来をも見据えたエンジニアリングの課題解決をサポートする、高性能な自動テスト/計測システムを開発しています。NIのソフトウェア定義のプラットフォームは、モジュール式ハードウェアと拡大を続けるエコシステムから構成されており、このオープンなプラットフォームを採用することにより、優れたアイデアを具現化できます。

National Instruments, NI and ni.com are trademarks of National Instruments. Other product and company names listed are trademarks or trade names of their respective companies. Simulink(R) is a registered trademark of The MathWorks, Inc.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる