企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

AWS、量子コンピューティングの新サービス「Amazon Braket」、およびAWS量子コンピューティングセンター「Amazon Quantum Solutions Lab」の創設を同時発表

(2019/12/10)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アマゾンジャパン合同会社


新サービス「Amazon Braket」により、お客様は量子コンピューティングを体験、評価、試用し、将来に向けた計画の立案が可能に

AWSは量子コンピューティング技術の開発・活用の加速を目指す「AWS量子コンピューティングセンター」を創設

新設の「Amazon Quantum Solutions Lab」は、AWSや学術界・産業界のパートナーの量子コンピューティング専門家とお客様をつなぎ、共同実験や量子テクノロジーの用途開発を支援

Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(以下、AWS)は本日、年次カンファレンス「AWS re:Invent 2019」にて、量子コンピューティング技術の推進に向けたAWSの計画の一環として3つの主な取り組みを発表しました。

Amazon Braket:科学者や研究者、開発者向けにAWSが提供するフルマネージド型の新サービスです。量子ハードウェアプロバイダ(D-Wave、IonQ、Rigettiを含む)のコンピュータを用いて、単一の環境で実験を行うことができます。現時点ではプレビュー版のみ公開しています。
AWS量子コンピューティングセンター:カリフォルニア工科大学などトップレベルの学術研究機関や、Amazonから量子コンピューティング分野の専門家が結集し、量子コンピューティングの新技術に関する研究開発を共同で行います。
Amazon Quantum Solutions Lab:Amazon社内の量子コンピューティング分野の専門家やAmazonのテクノロジー・コンサルティングパートナーとお客様を結び付けるプログラムです。量子コンピューティングの実用的な用途の特定や、量子テクノロジーの有意義な用途開発の促進を目的とし、顧客企業における専門性の向上を支援します。

量子コンピューティングは、従来のコンピュータには処理できない計算問題を解ける可能性を持っており、エネルギー貯蔵、化学工学、材料科学、創薬、プロセスの最適化、機械学習などの分野での変革が期待されています。しかし今までの量子コンピューティングの利用に関しては、主に実用性が限られた概念実証(Proof of Concept)研究の域に留まっていました。AWSは破壊的技術となり得る量子コンピューティング技術の開発推進の一助となるべく、AWS量子コンピューティングセンターを設立しました。同センターでは、現実社会の問題を解決することを目標にAmazonおよび学術界の量子分野の専門家が協働し、量子コンピューティングの技術に関する長期的な課題解決や用途の研究開発に取り組みます。量子コンピューティングを今すぐ体験し経験を積む用意ができているというお客様もいる一方、現時点では、お客様が量子コンピューティングに触れることは難しく、特に開発環境やシミュレーション環境、テスト環境の異なるこれらの最新技術を検討したいという場合にはなおさら困難な状況です。必要なスキルを習得する機会を得られなければ、量子コンピューティングが役に立つ場面を特定すること、またアルゴリズムの設計方法や新たな用途を見出す方法を学ぶのは容易ではありません。こうした課題の解決に向けてお客様を支援するため、AWSはAmazon Braketの提供およびAmazon Quantum Solutions Labを創設しました。これによりお客様は、量子コンピューティングの学習や実験を今すぐ始めることができます。

AWSのユーティリティコンピューティングサービス担当シニアバイスプレジデントのCharlie Bellは次のように述べています。「量子工学が一層有意義に進化し始めている中、お客様は量子コンピュータを試し、この技術の可能性を探る方法を求めています。量子コンピューティングはクラウドファーストの技術となり、お客様は主にクラウドの利用を通じて量子コンピューティングのハードウェアへアクセスするようになると考えています。Amazon BraketとAmazon Quantum Solutions Labにより、お客様は容易に量子コンピュータの利用経験を積むと同時に、AWSや弊社パートナーの専門家との協働によって量子コンピューティング技術のメリットを知ることができます。また弊社は、AWS量子コンピューティングセンターや学術機関とのパートナーシップを通して科学・産業界を横断する取り組みに参加し、量子コンピューティングの可能性を加速させる一端を担ってまいります」

D-WaveIonQRigettiの量子テクノロジーを一元化した「Amazon Braket

Amazon Braketは、量子アルゴリズムの構築、量子コンピュータシミュレーションによるアルゴリズムテスト、また各種量子ハードウェアアーキテクチャの比較試験のための共通の開発環境を提供し、お客様による量子コンピューティングの展開を支援するフルマネージドサービスです。Amazon Braketにより、複数のベンダーと関わる必要がなくなるほか、単一のテクノロジーに制限されることもなく、Jupyterノートブックなどの使い慣れたツールと、これまでと変わらないAWS環境下で、すぐに量子コンピューティングを取り入れることが可能になります。Amazon Braketは、量子コンピューティングの可能性を検討し始めたばかりのお客様にも、また、すでにこのテクノロジーを熟知し調査ツールとして取り入れる体制が整っているお客様にもご利用いただけます。Amazon Braketを使うことで、各種量子テクノロジーの現機能だけでなく、将来実装予定の機能も評価することが可能です。現段階では、D-Waveの量子アニーリング、IonQのイオントラップ装置、Rigettiの超電導チップに対応していますが、今後他のテクノロジーにも対応していく予定です。お客様やパートナーは、実際に使用する量子テクノロジーに関わらず、Amazon Braketの開発者向けツールキットを用いて、量子アルゴリズムをデザインすることができます。これにより、お客様は低レベルの量子回路を実行することも、フルマネージドのハイブリッドアルゴリズムを実行することも可能になるため、一連のソフトウェアシミュレーターや量子ハードウェアの中から適切な組み合わせを容易に判断できるようになります。詳細については、https://aws.amazon.com/braketをご覧ください。

世界最大の商用旅客機・防衛・宇宙・セキュリティシステムメーカーのボーイングは、市場シェアトップを誇るアフターマーケットサポートのサービスプロバイダーでもあります。ボーイングの革新的コンピューティング・ネットワーク担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるCharles Toupsは、次のように述べています。「ボーイングは、量子コンピューティングによって、材料科学分野の基礎研究や複雑なシステムの最適化、また通信セキュリティの確保など、航空宇宙業界で最も難しい課題の一部が解消される可能性を信じています。弊社は、破壊的な量子コンピューティング、センシングおよびネットワーキングテクノロジーによって、世界中のお客様のために製品やサービスを強化する方法を調査しています。AWSと協力し、自社の量子テクノロジー開発を加速させられることを期待しています」

量子テクノロジーの普及を推進する研究施設「AWS量子コンピューティングセンター」

世界を変えることのできるような大型の量子コンピュータの構築は、科学だけでなく、テクノロジーの限界をも突破しなければならない大きな挑戦です。量子コンピューティングは急速に進歩していますが、その一方で、現段階では使える量子ハードウェアの規模が限られており、開発ツールも完成されておらず、専門家が全体的に不足しているため、短期間で量子アプリケーションを構築することは困難です。この問題に対処するためには、既存のハードウェアを使って問題解決に集中的に取り組み、影響力の大きな大型汎用マシンの構築に求められる革新的技術をシミュレーションできる専門家を集結させる必要があります。「AWS量子コンピューティングセンター」は、量子計算・量子情報分野のパイオニアであるカリフォルニア工科大学に設立されます。Amazonだけでなく、量子コンピューティング分野の大手学術機関からも研究者やエンジニアを集め、科学や産業におけるイノベーションを推進するために、強力な量子コンピューティングハードウェアの開発や、新たな量子テクノロジー使用法の発見を目指します。

カリフォルニア工科大学は、根本的な科学的疑問や差し迫った社会問題に対処することを目的として、世界で最も優秀な人材や極めて革新的なツールを集結させた、世界的に有名な科学やエンジニアリングの学術機関です。カリフォルニア工科大学の化学・化学工学学部教授(Ross McCollum-William H. Corcoran Professor)、プロボスト、またCarl and Shirley Larson Provostial Chairの称号保有者であるDavid Tirrell教授は、次のように述べています。「AWSのスタッフや学術界からの協力者に加わり、量子コンピューティングの可能性を最大限に引き上げるための基盤となる挑戦に取り組めることを、大変うれしく思います。カリフォルニア工科大学では過去数年間に渡り、実験・理論量子科学とテクノロジーの分野に多大な投資を行ってきました。同センターの新設により、これまでの投資が最大化され、より大きな可能性が開かれるでしょう」

お客様の量子コンピューティング戦略をサポートする「Amazon Quantum Solutions Lab

Amazon Quantum Solutions Labは、お客様がAmazonの量子コンピューティング専門家、またそのテクノロジーやコンサルティングパートナーから、組織内で量子コンピューティングを適用できるアプリケーションやその適用方法を特定するための支援を行います。このテクノロジーが商用的に実用可能なレベルに達した段階で、AWSやAWSパートナー様がお客様側での試験運用に協力し、量子ソリューションをビジネスに取り入れられるようにガイドします。このプログラムでは、実践的なワークショップとアイデアを模索するブレーンストーミングセッションを組み合わせ、お客様がビジネス上の課題から逆算して考えるよう導き、量子コンピュータを効果的に使用するための手順を詳しく説明します。Amazon Quantum Solutions Labは、Amazon Braketへのアクセスを提供することに加え、最適化、量子シミュレーション、計算物質科学、また量子科学のための使い慣れたソフトウェアツールを統合することで、既存の高性能コンピューティングがお客様のニーズを満たすためにどこで適用可能かを判断し、お客様独自の量子コンピューティング戦略の策定準備、社内専門チームの結成、また最終的な量子テクノロジーの展開をサポートします。1Qbit、Rahko、Rigetti、QCWare、QSimulate、Xanadu、ZapataなどのAmazon Partner Network(APN)パートナー各社が、Amazon Quantum Solutions Labに参加しています。


アマゾン ウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は13年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォームになっています。AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、ロボット工学、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する175種類以上の十分な機能を有するサービスを提供しています。AWSのサービスは、22の地理的リージョンにある69のアベイラビリティーゾーン(AZ)でご利用いただけます。これに加え、インドネシア、イタリア、南アフリカ、スペインを含む4の地理的リージョンにおける13のAZの開設計画を発表しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAmazonブログ(http://blog.aboutamazon.jp)から。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる