企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

脅威を自動検出し即時に遮断、Wi-Fi環境の最適化とセキュリティ常時監視を実現するセキュリティ・サービス「WiSAS」

(2019/12/23)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社スプライン・ネットワーク

脅威を自動検出し即時に遮断、Wi-Fi環境の最適化とセキュリティ常時監視を実現するセキュリティ・サービス「WiSAS」

Wi-Fi環境の可視化、最適化支援、不正利用やサイバー攻撃による情報漏洩を防止する機能をサービスとして提供。

スプライン・ネットワークは、セキュアで快適なWi-Fi環境を実現するWi-Fiセキュリティサービス「Wi-Fi Security Assurance Series」(略称WiSAS…ワイサス、Wi-Fiセキュリティアシュアランス シリーズ)を開発し、2020年1月14日から提供を開始します。 高性能WiSASセンサーとクラウドマネージャーが接続情報を常時監視して、無許可の無線アクセスポイントからの通信を検知し即時に遮断。監視データを取得することで、PCI DSS準拠のためのレポートを自動で出力することが可能。3タイプのアセスメントサービスと、2タイプの常時監視サービスの合計5つのサービスで構成されています。




【Press Release】
2019年12月23日
株式会社スプライン・ネットワーク
     ■□―――――――――――――――――――――――――――――――――――□■
       Wi-Fi環境の整備・セキュリティに特化した先進システムをサービスとして提供
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        新ソリューション「Wi-Fi Security Assurance Series」(略称:WiSAS)
           ― 脅威を自動検出・遮断/監視レポートを自動出力 ―
     ■□―――――――――――――――――――――――――――――――――――□■

 Wi-Fiネットワークセキュリティの株式会社スプライン・ネットワーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:雪野洋一)は、セキュアで快適なWi-Fi環境をサービスで提供するWi-Fiセキュリティソリューション「Wi-Fi Security Assurance Series」(略称WiSAS…ワイサス、Wi-Fiセキュリティアシュアランス シリーズ)を開発し、2020年1月14日から提供を開始します。

 WiSASは、Wi-Fiセキュリティ専用センサー「WiSASセンサー」と、「WiSASクラウドマネージャー」の2つのコンポーネントで構成される「WiSASシステム」をベースに、調査、データ分析、診断、アラート、報告、監視のシステムを独自に開発構築してサービス製品としたもので、3タイプのアセスメントサービスと、2タイプの常時監視サービスの合計5つのサービスで構成されています。本製品は、Wi-Fiセキュリティに詳しい人材が不足している日本の多くの企業に向けて、Wi-Fi環境を快適に使用するための可視化や最適化支援、および不正利用やサイバー攻撃による情報漏洩を防止する機能をサービスとして提供します。

 高性能なWi-Fiスキャニング機能を有するWiSASセンサーは初期セットアップが不要。対象エリアに設置し電源を入れるだけで、エリア内のWi-Fiをスキャンして常時監視を開始します。ポリシーや分析内容はWiSASクラウドマネージャー側で設定。非認可の不正アクセスポイント(AP)や不正デバイスを検知した際には、自動で判断し、直ちに当該接続を遮断し、Wi-Fi環境の脅威を排除します。
WiSASセンサー

 本センサーは、WiSASの専用センサーであり、過去実用に耐えなかった無線AP組込型センサーとは異なり、厳密なスキャン性能と高速な遮断対応により、WIDS(=Wireless Intrusion Detection System、無線侵入検知システム)とWIPS(=Wireless Intrusion Prevention Systems、無線侵入防止システム)を実行します。

 本センサーによりデータは暗号化され、NTTドコモのLTE回線経由でマネージャーに伝送されます。LTE回線利用により独立したアドオンシステムとしての導入が可能で、専用SIMカードがセット提供されるのでマネージャーとの連繋における通信品質の安定が確保されます。監視エリアでの作業はセンサーの設置のみであり、既存システムを変更することなく導入でき、運用から監視、報告書作成まですべてクラウド型サービスで提供するため、新たな管理者リソースを必要としません。

 WiSASクラウドマネージャーはユーザー毎のポリシーを管理。WiSASセンサーが収集したデータを可視化し、管理項目毎に各WiSAS分析サーバーに振り分けます。インシデント発生時にはWiSASアラートサーバーと連携し、隙のない監視体制を維持します。機能はすべてクラウドサービスとして提供されるため、ユーザー企業は社内リソースに負荷をかけることなく、Wi-Fi環境の最適化とセキュリティ監視が可能になります。

 監視分析レポートの充実も本サービスの特長であり、APや接続端末の一覧はもとより、非認可や不正な端末、なりすましやMAC偽装、不正接続AP等の監視、Wi-Fi環境の時系列分析等々、セキュアで最適化されたWi-Fi環境の確保に必要な情報を網羅しています。
WiSAS サービス概要イメージ

■Wi-Fi Security Assurance Series(WiSAS)サービス構成
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 WiSASは、以下のとおり、1)「WiSAS環境スキャンサービス」、2)「WiSAS最適化支援サービス」、3)「WiSASセキュリティ脆弱性診断サービス」のワンショットで提供する3つのセキュリティ・アセスメントサービスと、4)「WiSAS セキュリティ24H365D」、5)「PCI DSS要件11.1 WiSASマネージドセキリティ」の2つの常時監視セキュリティサービスとで構成されています。

■セキュリティ・アセスメントサービス (以下1,2,3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●1. WiSAS環境スキャンサービス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無線ネットワーク(Wi-Fi)の電波をスキャンし可視化することで、電波状況を正確に把握し、Wi-Fiの適切な運用管理に活用することが可能です。
【Wi-Fiネットワーク利用状況の可視化】
1)無線AP(含:ステルス)と端末MACアドレス、及び信号強度(dBm)
2)無線APが使用している無線プロトコル、電波チャンネル、認証/暗号化方式
3)端末が接続しているAP/SSID情報
→スキャン実施から3営業日程度で結果報告書を提出

●2. WiSAS最適化支援サービス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無線ネットワーク(Wi-Fi)の電波を一定間隔で取得し、時系列で分析することで、無線LANの非効率な利用やAPの異常な振る舞い、あるいはWi-Fi環境の突発的な変化を明確にし、Wi-Fi 環境の最適化を支援します。(時系列データ取得は30分毎/12時間/24回が基本、結果はグラフ化されます)
【Wi-Fiネットワーク利用状況の可視化】【電波品質の可視化と時系列分析】
1)AP別接続台数推移 ・・・・・ APへの接続の偏りを可視化/分析
2)AP別電波強度推移 ・・・・・ APの電波干渉/不安定動作を可視化/分析
3)SSID別接続台数推移 ・・・・ SSID単位の接続台数の急激な増減を確認
4)アクティブAP数推移 ・・・・ AP数の急激な増減を確認
5)チャンネル別AP数推移 ・・・ 電波の混雑状況を確認
※上記5つの要素をスプライン・ネットワークのWi-Fiデータアナリストが分析します。
→スキャン実施から3営業日程度で結果報告書を提出致します。

●3. WiSASセキュリティ脆弱性診断サービス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無線ネットワーク(Wi-Fi)の電波を取得し、セキュリティの観点から分析することで、Wi-Fi環境に潜む脆弱性や問題点を可視化し、脅威を未然に防ぎます。
【Wi-Fiネットワーク利用状況の可視化】
※周囲のAP、端末の詳細情報を可視化し、レポーティングします。
【Wi-Fiネットワークセキュリティ脅威の分析】
※不正アクセスや偽装AP、ハッキングデバイス等を探知し、潜在的な脅威を分析レポーティングします。
<セキュリティ対策オプション>
以上のセキュリティ・アセスメントサービスでは、電波状況を可視化したり、さまざまなWi-Fiに関する脅威を見つけたりすることはできますが、脅威の排除や改善はできません。そのため、不正アクセスポイントの位置情報検知や無線DoS攻撃分析等、いくつかの対策オプションを用意しています。
(位置情報検知には、センサー3台以上の設置が必要です。)
→スキャン実施から5営業日程度で結果報告書を提出致します。

■常時監視セキュリティサービス (以下4,5)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●4. WiSAS セキュリティ24H365D ★サブスクリプション・モデル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無線ネットワーク(Wi-Fi)環境を24時間365日常時監視し、さまざまな観点からセキュリティ脅威の存在を自動検知し、自動遮断することで企業の重要なデータを守ることが可能です。またWi-Fi通信状況だけを取得し、社内のデータそのものは取得しないので安全です。
【Wi-Fi利用状況を24時間365日、常時監視】【Wi-Fi不正利用を自動で即座に検知・遮断】
主な特徴:WIDS/WIPS機能/アラート通知/ログ管理/対策自動化/位置情報検知(OP)
【ポイント】
1)手間いらずの導入
・既存システムの変更無しに、センサーを設置するだけで簡単に導入が可能です。
・取得ログは暗号化され、LTE回線でWiSASクラウドマネージャーに転送されます。
2)運用が簡単:レポートの自動化
・Wi-Fi監視レポートは1ヶ月毎に生成され、ユーザー専用のアーカイブサーバーに保存されます。
・Rawデータも、共に保管されるので、様々な分析・追跡に使用可能です。
3)緊急時にはアラート/遮断
・不正APや不正アクセス検知時にはアラートが出され、遮断します。
(クラウドマネージャーで、予め設定が必要となります)

●5. PCI DSS要件11.1 WiSASマネージドセキリティ ★サブスクリプション・モデル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 本サービスは、前項4「WiSASセキュリティ24H365D」をPCI DSS要件11.1の基準に対応させた常時監視ソリューションです。基本的なサービス内容は、24H365Dと同じですが、以下の点で異なります。
1)PCI DSS要件11.1に対応した分析報告内容になるため、監視報告項目が多岐にわたります。
2)PCI DSS要件11.1に対応した監視レポートが毎月自動生成され、アーカイブされます。

▼PCI DSS 要件11.1対応の背景
 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、クレジットカードデータを安全に取り扱うための国際的な業界セキュリティ基準であり、特に要件11.1では、Wi-Fi環境のセキュリティ確保が定められています。日本でも2018年改正割賦販売法でPCI DSS対応が義務化され、カード情報保護が法制度化されています。
PCI DSS要件11.1では、特に無許可の無線APの接続を重大なインシデントの一つとして扱っています。PCIDSS対象企業の多くが四半期毎の定期検査で済ませていますが、本来は常時監視(無線IDS/IPSの導入)が望ましいとしています。この対策対応は無線ネットワークの使用の有無にかかわらず必要とされていますが、これまで無線ネットワークの常時監視ができる実用的な無線IDS/IPSはありませんでした。
WiSASでは、接続情報を常時監視して、無許可の無線アクセスポイントからの通信を検知し、即時遮断します。また監視データを取得することで、PCI DSS準拠のためのレポートを自動で出力することが可能です。

■販売・展開戦略
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 価格は、各サービスともにオープン。目安として、ワンショットのスキャンサービスは、最小構成で7万円(消費税抜き)程度、診断サービスは30万円(同)程度。常時監視サービスは、初期費用100万円(同)、月額10万円(同)程度としています。いずれも取得するデータ、分析項目、設置規模等によって変わります。
スプライン・ネットワークでは、本ソリューションの導入先として、当面は金融系企業のほか、一般企業、官公庁、独立行政法人、研究機関、製造業、BPO事業者などを想定しています。販売は、株式会社アイネット、株式会社インフォメーション・ディベロプメント、TIS株式会社、TISソリューションリンク株式会社など、販売パートナー各社を通じて行います。販売提携先は今後も増やしていく方針です。
スプライン・ネットワークは、本事業の垂直立ち上げを目指しており、初年度常時監視サービス契約先を30社、事業売上1億円を目指し、3年後に初年度比5倍規模の成長達成を目標としています。本事業を通して日本のWiFi環境のセキュリティ向上の一助となるべく、力を尽くして取り組んでいきます。
以上

【本件報道発表について】
 Wi-Fiセキュリティアシュアランスシリーズは2019年6月10日付プレスリリースで同月より提供開始と報道発表しましたが、直後に方針を転換しました。同名サービスの販売を一旦取り下げた上で大規模な改良を施し、大幅なラインアップ拡充を行ってから正式に販売に移ることとし開発を継続。並行して各社での実環境への試験導入、先行導入も進め、知見の蓄積を図りました。システムの作り込みと改良を重ねた上で今般正式に製品をリリースするに至り、報道発表を実施します。

【株式会社スプライン・ネットワークについて】
 2002年1月設立。セキュリティやプリンティングの領域において、様々なソフトウェアソリューションを自社で手掛け、開発からマーケティング、販売、サポートまで一貫したビジネスを展開。目的に即したトナー濃度により印刷コストを最大75%削減する「TonerSaver」、インタラクティブなMTGを実現する「SmartClick」、情報漏えいから企業を守る印刷イメージログ監視システム「PrintInsight」など、独自の視点で生みだしたユニークなソリューション群は、導入企業から高い評価を得ています。
 2017年より、脆弱性が放置されているWiFi通信ネットワークが多数散在する状況を前に、Wi-Fiネットワークを可視化し、Wi-Fi環境の最適化を支援、Wi-Fi不正利用を防止し、サイバー攻撃による情報漏洩を防止するソリューション「Wi-Fiセキュリティ アシュアランス シリーズ」(WiSAS)の開発に着手。この立ち上げと普及促進に注力特化するため、2019年8月、従来事業をパートナー会社に移管しました。今後は、快適でセキュアなWi-Fi環境の普及拡大の支援に集中して事業展開を行っていきます。

【お問い合わせ先】
………………………………………………………………………………………
株式会社スプライン・ネットワーク WiSAS事業部(ワイサス事業部)
e-mail:wifi-sa@spline-network.co.jp / Tel:03-5464-5468
………………………………………………………………………………………

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる