企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ARISE analytics、「KDDI Open Innovation Fund 3号 AI Fund Program」の出資先であるDeeping Source Inc.との協業を開始

(2020/1/8)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社ARISE analytics

ARISE analytics、「KDDI Open Innovation Fund 3号 AI Fund Program」の出資先であるDeeping Source Inc.との協業を開始

従来通りのAI処理が可能な独自の画像匿名化技術を用い、画像解析をよりセキュアに実現

株式会社ARISE analytics(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家中 仁、以下ARISE analytics)は、この度、「KDDI Open Innovation Fund 3号」の投資プログラム「ARISE analytics AI Fund Program」の出資先であり、独自の画像データ匿名加工技術を保持するDeeping Source Inc.(本社:韓国 ソウル、代表取締役社長:Pete Tae-hoon Kim、以下 Deeping Source)との協業を開始しました。



Deeping Sourceは2018年6月に韓国で設立されたテクノロジースタートアップであり、画像データを匿名化する独自の技術を開発しています。匿名化されたデータは、新規・既存の両AIにて幅広く、学習・利用できるだけでなく、不可逆な匿名化処理がなされており、データ復元リスクを最小にします。例えば、顔画像データのような機密データのセキュリティ強化を促進することで、クラウド経由でのデータ処理などを、よりセキュアに実現します。
本技術に関して、アメリカ合衆国の主要IT企業(大手半導体企業)との協業を通じ蓄積した技術を基に、アメリカ合衆国・韓国にて複数の特許を取得しています。

今後、Deeping Sourceは、個人データの取扱量増大が予想されるホームセキュリティや都市セキュリティなどの防犯領域をはじめ、医療データの匿名化が求められるヘルスケア領域など、様々な領域に対し事業展開をしていきます。
従来のデータ加工手法との比較
この度の出資を通じ、ARISE analyticsの画像解析AIモデルとDeeping Sourceの匿名化技術を掛け合わせ、これまでにない新たなソリューションを、よりセキュリティ性高く提供していくことを目指します。また、サービス提供に際しては、KDDIのスマートドローンプラットフォームや5G通信基盤などと連携し、デバイスや通信を含めワンストップで提供してまいります。

まずは、複数の映像間で同一人物を識別・トラッキングすることが可能なARISEの独自解析AIモデル(特許出願中)と掛け合わせ、ホーム・都市セキュリティにおける不審者検知・トラッキングや、介護・保育における見守りなどの領域に展開していく想定です。
ARISE analytics 同一人物の識別アプリケーション
Deeping Sourceとの連携ソリューションのイメージ
■Deeping Source CEO のPete氏からのコメント
Deeping Sourceのミッションは「セキュアなAIを実現すべく、世界中に取り巻くすべてのデータを守りきる」となっております。この度のKDDIからの出資により、KDDIの保有する大容量データ、ARISE analyticsのデータ分析機能・独自のAI予測モデル、そしてDeeping Sourceのデータ保護技術とのコラボレーションを加速させ、誰もが安心・安全に、革新的なAIを利用できる世界を創造できると確信しております。

■Deeping Source Inc.の概要
(1) 社名: Deeping Source Inc.
(2) 本社: 韓国 ソウル
(3) 設立年月日: 2018年6月
(4) 事業内容: 機械学習に必要なデータを自動で匿名化するサービス/ソリューションを展開
(5) 代表者: Pete Tae-hoon Kim
(6) 社員数: 12名
(7) URL:http://www.deepingsource.io/

■「KDDI Open Innovation Fund 3号」と「ARISE analytics AI Fund Program」について
「KDDI Open Innovation Fund 3号」は、今後の5G普及がもたらす変化を見据え、革新的な技術・ビジネスを有するスタートアップ企業に対して投資を行うことを目的としたファンドで、AI、IoT、ビッグデータなど、5G時代にますます重要性が高まる分野に対して取り組みを強化する「投資プログラム」を設定し、KDDIおよびKDDIグループ会社が持つスタートアップ企業とのネットワークや技術・ビジネスに対する知見を活用して有望なスタートアップ企業を発掘します。

AI分野の投資プログラム運営を担う「ARISE analytics AI Fund Program」は、投資方針として、『ヒトやシステムだけでなく、データにより訓練された解析モデルを保有するスタートアップへの投資」を掲げ、今後も将来性のあるスタートアップ企業の発掘だけでなく、投資検討時のビジネスデューデリジェンス(ビジネス性評価)、および出資後の事業共創を推進し、社会イノベーションの創出に尽力していきます。

■株式会社ARISE analytics 会社概要
ARISE analyticsは、KDDIとアクセンチュアのジョイントベンチャーとして2017年2月に設立されました。国内最大規模のデータを保有するKDDIと、高度なコンサルティング力、アルゴリズム開発力を誇るアクセンチュアの強みを融合させた新しいアナリティクスカンパニーです。約270名のデータサイエンティストが在籍し、データアナリティクスとAI(人工知能)を駆使し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
URL:https://ariseanalytics.com/

・AI Fund Programに関する問合せ先
株式会社ARISE analytics 担当 角井
Email:Corporate.PR@ariseanalytics.com  TEL:03-6365-6363(代表)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる