企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

LoRa(R)無線通信に対応したスマートIoT機器の開発を加速させるSTM32 マイコンを発表

(2020/1/15)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:STマイクロエレクトロニクス

LoRa(R)無線通信に対応したスマートIoT機器の開発を加速させるSTM32 マイコンを発表

・STM32マイコンのIPとSemtech社の高性能無線技術をワンチップに集積 ・LoRaをはじめとする各国の低消費電力広域ネットワークに接続可能 ・STの長期製品供給保証(10年間)に対応



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、長距離無線通信に対応したスマートIoT機器を実現する、世界初のLoRa(R) 対応マイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32WLE5を発表しました。よりスマートなインフラ、ロジスティクス、インダストリおよび暮らしを通じた持続可能性への取り組みを強力にサポートします。

STM32WLE5 は、遠隔操作が可能な環境センサ、メータ、トラッカー、プロセス・コントローラなど、電力と資源の効率的な管理に貢献する機器の開発を実現します。

また、STM32WLE5は、STの実績ある超低消費電力STM32マイコンの設計技術とLoRa規格に準拠した無線機能をワンチップに集積した製品で、無線パワー・マネジメント・アーキテクチャに関する複数の出願中特許の技術により、優れた性能を実現します。STのLoRaWAN(R)無線通信ネットワーク向けソフトウェア・ライブラリは、幅広い地域の認証を取得しており、各国で使用することができます。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるRicardo De Sa Earpは、次のようにコメントしています。「STM32WLE5は、既存の無線マイコン・シリーズSTM32Wを拡充する製品で、部品コストを削減し、システムの信頼性および電力効率を最大化しつつ、新製品の開発を簡略化します。また、その他のSTM32マイコンと互換性があるため、既存の組込み設計に対して無線通信を容易に導入することができます。」

STM32WLE5は、STが産業機器向け製品に適用している10年間の長期製品供給保証の対象製品です。

STM32WLE5は、UFBGA73パッケージ(5 x 5mm)で提供されます。実績あるSTM32の開発エコシステムと完全に統合されており、STM32Cubeソフトウェア・サポートのほか、幅広い地域の認証を取得しているLoRaWANスタックをソース・コード形式で利用することができます。入手状況、価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/ja/microcontrollers-microprocessors/stm32wl-series.html

また、ブログ記事もご覧いただけます。
https://blog.st.com/stm32wl/

技術情報
Semtech社のSX126xのIPをベースに集積されたている無線技術には、高パワーと低パワーのデュアル送信モードが採用されています。免許不要のSub-GHzの周波数帯(150MHz~960MHz)を使用するため、各国での使用が可能で、LoRaネットワークとの互換性を有しています。機器メーカーは世界中で互換性を維持しながら使用し、作業効率と顧客サポートを向上させることができます。また、-148dBmの感度と、ワンチップに搭載された2個のパワー・アンプ(最大送信出力:15dBmおよび22dBm)により、無線通信範囲を最大化できます。

STM32WLE5は、内蔵のLoRa変調に加えて(G)FSK、(G)MSK、およびBPSK変調も可能なため、独自プロトコルを含むさまざまな代替プロトコルに対応できます。さらに、高性能かつ低消費電力の無線機能が信頼性の高い無線通信を実現し、バッテリ駆動機器の動作時間を延長します。

また、DSP拡張命令をもつArm(R) Cortex(R)-M4プロセッサを搭載したSTM32L4のアーキテクチャが活用されており、動的電圧スケーリング機能といった超低消費電力技術や、STのアダプティブ・リアルタイム・アクセラレータ(ART Accelerator(TM))によるFlashメモリからのゼロ・ウェイト実行を可能にします。

64KB / 128KB / 256KBの幅広いFlashメモリ容量のオプションがあり、アプリケーションと無線通信を含むプラットフォーム全体で、コード用 / データ用に最適なメモリ容量を選択できます。

また、公開鍵アクセラレータ(PKA)、真乱数発生器(TRNG)、知的財産コードの読み出し保護機能(PCROP)、RSAを含む最新の暗号化アルゴリズムなど、STM32L4マイコンに内蔵されたサイバー・セキュリティ機能も利用できます。

STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2018年の売上は96.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる