企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

Office 365サービス障害時のビジネスメール停止を防ぐ 『EMERGENCY(エマージェンシー) MAIL for Office 365』 2020年1月23日(木)より販売開始

(2020/1/23)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:サイバーソリューションズ株式会社

Office 365サービス障害時のビジネスメール停止を防ぐ 『EMERGENCY(エマージェンシー) MAIL for Office 365』 2020年1月23日(木)より販売開始

1月23日は電子メールの日

法人向けソフトウェアの開発、販売を行うサイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、米マイクロソフト社の提供するクラウドメールサービス『Office 365』と連携した緊急時にすぐ利用できるバックアップWEBメールサービス『EMERGENCY MAIL for Office 365』(エマージェンシー メール フォー オフィスサンロクゴ)の販売を2020年1月23日(木)より開始しました。



          https://www.cybersolutions.co.jp/product/emergencymail/

■Office 365障害時のコミュニケーションロスによる損出を回避 ビジネスメールに継続性を
2019年11月19日から20日にかけて、Office 365に相次いで大規模な障害が発生しました。巨大なシェアを誇るOffice 365の障害は多くの日本企業に影響をもたらし、テレビや新聞などのメディアでも大きく取り上げられる事態となりました。
11月だけでなく、Office 365の障害は2019年6月から12月までの半年間だけでも世界で40回以上の障害が報告されています(※1)。メールはOutlook、チャットはTeamsというように、Office 365のプラットフォームで統一したICT運用を行っている企業は多く、ひとたびOffice 365に障害が起きると社内外のコミュニケーションが全て停止し、ビジネス損失のリスクが懸念されます。※1 マイクロソフト社Twitterアカウント(@MSFT365Status)の障害報告より当社調べ

『EMERGENCY MAIL for Office 365』は、Office 365のユーザーが災害や障害によりサービスを利用できなくなった際に、当社メールシステムにログインすることで、メールを継続して利用できるサービスです。別ドメインと同一ドメイン(2020年4月より提供予定)のサービス形態2種から、お客様の要望に合った運用形態を提供します。また、Office 365のメールシステムが復旧した際には、当社システムで送受信していたメールデータをOffice 365へ移すこともできるため(※2)、送受信履歴の管理に手間がかかることもありません。
併せて当社が提供するメールアーカイブサービス『MAILBASEΣ』(メールベースシグマ)を活用することで、Office 365と当サービス両方のメールデータをアーカイブでき、Office 365が利用不能な間でも、過去のメールを閲覧することが可能になります。
※2 障害時のメールデータ移行はオプションサービスとなります

EMERGENCY MAIL for Office 365 サービスフロー



MAILBASEΣによるメールデータアーカイブサービス



近年メールソリューションは外資系サービスが圧倒的なシェアを占めていますが、ひとつの巨大なプラットフォームに全てをゆだねることは、そのサービスに何かあった場合に全てを失うリスクもはらんでいます。しかし平常時には大手プラットフォームでまとめることのメリットも大きく、またサービスを変更するには手間とコストがかかります。
『EMERGENCY MAIL for Office 365』は、いま運用しているOffice 365をそのままに、企業に低コストで安心と安全を実現する“保険”として、大きな需要を見込んでいます。


<サイバーソリューションズについて>

サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバーをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム『CyberMail』、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績 NO.1(富士キメラ総研「2009~2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より)のメール監査・メールアーカイブシステム『MailBase』、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム『MailGates』を開発、販売しております。2009年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド・SaaS型の『CYBERMAILΣ』として提供するサービス事業も開始しました。
また、ネットワーク分離における総務省ガイドラインに基づいて開発を行った、『CyberMail-ST』は多くの自治体様で導入された実績を持つメール無害化ソリューションとしてご好評いただいております。
日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売/保守サポート、クラウド/ASP事業、Webリューションのコンサルティング及び開発
・HP : https://www.cybersolutions.co.jp/
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

◇製品やサービス関するお問合わせ
サイバーソリューションズ株式会社
営業部電話:03-6809-5858  FAX:03-6809-5860 メール:sales@cybersolutions.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる