企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

LiveU、AbemaTVにおけるライブ配信システムLiveU製品の活用事例を公開

(2020/1/23)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:LiveU Ltd.

LiveU、AbemaTVにおけるライブ配信システムLiveU製品の活用事例を公開

複数のLiveU製品とLiveU Central管理プラットフォームを組み合わせ、人気番組やイベントをライブ配信


LiveUは、株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)、以下 AbemaTV」でのLiveU製品の活用事例を公開しました。日本を代表する動画配信サービスのひとつであるAbemaTVは、LTE/4G等の携帯回線とWi-FiとLANを任意に組み合わせて広帯域を確保するライブ中継器LiveUを活用してニュースやエンターテインメントなどのライブコンテンツを制作しています。AbemaTVでは、LU600HEVCを含む20台以上のLiveU製品とLiveU Central管理プラットフォームを組み合わせ、様々な会場や屋外からライブ配信を行っています。なお、LiveUのサポートサービスは、日本の正規代理店である三信電気株式会社(以下、三信電気)が提供しています。

AbemaTVでは、受信機やLiveU Centralの費用対効果、およびLiveUモバイルボンディング製品の質と信頼性の高さを評価し、2016年の放送開始以来LiveUを活用しています。現在、AbemaTVでは、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショーをはじめ、ニュース、スポーツなど生放送コンテンツなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを無料で放送しています。

2017年に放送されたAbemaTV史上最長のライブ配信で三日間ノンストップのバラエティ番組では、12台のLiveU機器を活用しました。また直近では、7時間を超える生放送番組のほか、将棋の対局やゴルフ大会の中継にも活用されています。

株式会社AbemaTVの配信技術部の近藤信輝氏は次のように述べています。「LiveUを使うことで、どこからでも高品質なライブ配信を実現できます。AbemaTVでは、常にエンターテインメントにおける最新トレンドを放送することを目指しており、例えば、記者会見を生中継することが急きょ決まったとしても、LiveUを活用することで柔軟に対応できています。またLiveUの技術は、安定性、コンパクト性、拡張性に優れ、必要な数のチャンネルを受信できる点を特に評価しています。」

LiveU AsiaのゼネラルマネージャーであるYaal Eshel氏は次のように述べています。「AbemaTVとの継続的な関係を大変光栄に思います。より充実した番組にするために、LiveUの技術をクリエイティブな方法でご活用いただけていることを嬉しく思います。」

以上

参考画像は以下URLをご参照ください。
https://drive.google.com/open?id=10rAdjWWl51IvtFSvE5YIA5IqBw6et7to

AbemaTVとは
「AbemaTV」は、 “無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月11日(月)に本開局し、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショーをはじめ、ニュース、スポーツなど生放送コンテンツ、アニメ、バラエティなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができます。いつでもどこでも好きな番組を楽しめるオンデマンドエンタテインメント機能「Abemaビデオ」では、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時20,000本以上を配信しています。さらに、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応し、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、既に放送が開始された番組を放送中でも最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。
(※1) 2019年12月末時点、自社調べ

LiveUとは
LiveU はライブ配信を革新するパイオニアであり、テレビ、モバイル、オンラインおよびソーシャルメディア向けのライブ動画配信を提供します。ワイヤレスネットワークとライブ動画配信に関連する複数の特許技術により、安定した帯域と接続を確保し、高品質のリモートライブ伝送をIP経由で利用、管理、配信することが可能です。バックパックからスマートフォン、衛星/セルラーハイブリッド、外部アンテナソリューションに至るまで、LiveUは、いつでもどこでもライブビデオを視聴できる幅広いデバイスを提供しています。また、LiveU は管理システムや動画配信機能としても広範囲なクラウドベースソリューションを提供しており、同社の技術は日本の大手放送局を含め、世界でもトップクラスの放送局のほとんどで長年利用されています。130ヶ国以上、3,000を超える顧客を持つLiveUの技術は、世界の放送局、オンライン・メディア、報道機関およびソーシャルメディアにとって最適なソリューションです。詳細は www.liveu.tv/ja または、Twitter(https://twitter.com/liveujp)、Facebook(https://www.facebook.com/liveujapan/)、YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCUDUiLP-SOki5SB4xN5iXCg) 及び Instagram (https://www.instagram.com/liveutv/)をフォローしてください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる