企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

万が一のマルウェア感染時にセキュリティの専門家が対応「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」をサイバー保険の仕組みを活用しサブスクリプションにより低額で提供

(2020/1/29)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社日立ソリューションズ

万が一のマルウェア感染時にセキュリティの専門家が対応「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」をサイバー保険の仕組みを活用しサブスクリプションにより低額で提供

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AI(人工知能)技術を活用した次世代マルウェア対策クラウドサービス「CylancePROTECT」において、万が一のマルウェア感染時に、日立ソリューションズのホワイトハッカーやセキュリティ専門のエンジニアが即時対応をサポートするサービス、「インシデントレスポンス付きCylancePROTECT」を2月3日から提供開始します。


「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT提供の背景
 昨今、サイバー攻撃による企業システムの被害が社会的な問題となる中、ネットワーク対策製品やウイルス対策製品の導入など、複数の対策による多層防御をもってしても、複雑化・巧妙化しているマルウェアの侵入を完全に防ぐことは困難です。
 そのため、エンドポイントへの侵入を前提としたセキュリティ対策や、インシデント対応が重要になり、企業ではEDR(Endpoint Detection and Response)製品の導入など、エンドポイントのセキュリティ対策を一層強化する動きが広まっています。
 しかしながら、中堅・中小企業には、EDR製品の導入コストや、運用に必要な専門知識を有するセキュリティ人材の育成コストの負担が課題になっています。
 日立ソリューションズは、このような課題を解決するため、「CylancePROTECT」とともに、万が一、マルウェアに感染した場合でもセキュリティの専門家がサポートするサービスを提供することになりました。

■「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」とは
 「CylancePROTECT」は、エンドポイント向けにAIを利用し、高い検知率を実現する次世代マルウェア対策クラウドサービスです。「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」は、サイバー攻撃から企業のエンドポイントを守ることに加え、日立グループ初となるサイバー保険※1の仕組みを活用した年間サブスクリプションにより、万が一マルウェアに感染した際には、ホワイトハッカーやセキュリティ専門のエンジニアが、初動調査から被害範囲の特定、コンピュータフォレンジック※2までを低額で支援します。
 日立ソリューションズは、長年培った情報システム、制御システムのノウハウを生かし、セキュリティコンサルティングからシステム構築、運用・保守、インシデント対応まで、セキュリティ対策をワンストップで提供し、お客様の経営や事業の存続を支援することで、安全な社会を実現していきます。

※1 本サービスは、日立ソリューションズを通じて、次世代マルウェア対策クラウドサービス「CylancePROTECT」を契約した企業を対象に、サイバー攻撃の被害に対して被害状況の調査や原因究明を支援します。本サービスの販売に際して、日立ソリューションズは株式会社日立保険サービスを通じて、引受保険会社である損害保険ジャパン日本興亜株式会社とサイバー保険契約を締結しています。
※2 データ改ざんや不正アクセス、情報漏えい等のインシデントに対して活動記録情報を証拠として保全、解析する手法のことです。

■日立ソリューションズのインシデントレスポンスについて
 ホワイトハッカーやセキュリティ専門のエンジニアが、万が一のマルウェア感染に即時対応し、被害の拡大を抑止します。日立ソリューションズの長年のセキュリティ事業のノウハウで、日立グループ初となるサイバー保険の仕組みを活用したセキュリティサービスを提供します。


■米国BlackBerry Cylance社の「CylancePROTECT」について


 「CylancePROTECT」とは、人工知能を利用した検知エンジンを使用することで検知率99%以上※3を実現する次世代マルウェア対策クラウドサービスです。従来の対策では見つけることが難しかった未知や亜種のマルウェアにも対応し、高い精度で検出することができます。パターンファイルが不要な独自の検知手法を用いているため、管理者の負担が少なく、運用コストの削減が可能です。また、軽量なスキャンを実現することにより、業務効率への影響を少なくすることができます。
※3 2018年4月NSS Labs調べ

BlackBerry Cylance日本担当 副社長 金城 盛弘氏からの エンドースメント
 この度、優れた技術力と顧客目線の発想力で数多くのお客様のセキュリティ環境の課題を解決されている日立ソリューションズ様が新たな提供形態として、インシデントレスポンスのサービス付きでサイランス製品をご提供いただくことを大変光栄に思います。今後もBlackBerry Cylanceは、日立ソリューションズ様との強固なパートナーシップを通じて、日本のお客様のセキュリティレベル向上に邁進してまいります。

■提供開始時期  2020年2月3日

ソリューション紹介ホームページ
https://www.hitachi-solutions.co.jp/cylance/sp/product/incidentresponse/

■商品・サービスに関するお問い合わせ先
https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/

*記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる