企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

大容量冷蔵庫HXタイプ・HWタイプを発売

(2020/2/14)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:日立グローバルライフソリューションズ株式会社

大容量冷蔵庫HXタイプ・HWタイプを発売

鮮度長持ち「まるごとチルド」を採用した冷蔵室に、「クイック冷却」を新たに加えて使い勝手を向上

日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」※1を採用した冷蔵室に、急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」※2を新たに加え、使い勝手を向上させた大容量冷蔵庫HXタイプ2機種(定格内容積602L、520L)、HWタイプ3機種(定格内容積602L、520L、475L)を3月12日から発売します。HXタイプの外装色には、クリスタルミラーと微細なパターンを施したファインシャンパンを採用しました。 ※1 「まるごとチルド」設定時は、消費電力量が約5%増加。出荷時は「まるごとチルド」設定。ドアポケット除く。 ※2 「クイック冷却」オン設定時は、消費電力量が約8%増加。出荷時はオフ設定。運転時間は約60分間。ドアポケット除く。



■新製品の開発背景
冷蔵庫については、設置寸法や内容積に加え、食品の鮮度保持が重視されるポイントとなっています。さらに、共働き世帯の増加などの社会背景から調理時の時短・省手間が求められています。そこで今回当社では、棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」を採用した冷蔵室に、急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を新たに加え、使い勝手を向上させた冷蔵庫を提案します。


■新製品の主な特長<大容量冷蔵庫HXタイプ・HWタイプ>
1. 冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」
冷蔵室には、「まるごとチルド」を引き続き採用しました。棚スペース全体をチルド温度約2℃(*1)、湿度約80%(*2)にすることで、どこに置いても鮮度が長持ち(*3)するとともに、一時保存のサラダはラップなしでも乾燥を抑えます(*4)。

2. 急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を冷蔵室に新採用【New】
本製品では、冷蔵室の新機能として、冷気の風量を一定時間増やすことで、棚のどこに置いても早く冷却する「クイック冷却」を採用しました。作りたての弁当を冷ましたり、調理中のあら熱取り(*5)に費やす時間を短縮できて便利です。

3. さまざまな機能で食品をおいしく保存
冷蔵室下部には、乾燥を抑え、凍らせない約-1℃で肉や魚をおいしく保存(*6)する「特鮮氷温ルーム」を、野菜室には、野菜を眠らせるように保存し、みずみずしさが長持ち(*7)する「新鮮スリープ野菜室(下段スペース)」を、冷凍室下段には、すばやくおいしく(*8)ホームフリージングできる「デリシャス冷凍」を、引き続き採用しています。


(*1) 「約2℃」は周囲温度約32℃、冷蔵室を「まるごとチルド」設定にして庫内が安定したときの目安。
(*2) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定)に、約400gの葉物サラダ(ラップなし)を、ドア開閉なしで24時間保存したときの棚スペースの平均湿度。冷蔵室の収納量や食品の種類・状態・量、冷蔵庫のドア開閉回数、運転状況によって湿度は変動します。
(*3) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定)と、2018年度製品R-XG56J(「まるごとチルド」未搭載)の冷蔵室(「スポット冷蔵」オフ)で5日後の生菌数を比較。詳細はP.3の(*3)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*4) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定・ラップなし)と、2018年度製品R-XG56J(「まるごとチルド」未搭載)の冷蔵室(「スポット冷蔵」オフ・ラップなし)で24時間保存後のサラダを比較。
詳細はP.3の(*5)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*5) 温かい食材を保存するときは、手で持てるくらいの温度(約50℃)まで冷ましてから入れて下さい。
(*6) 当社調べ。新鮮な食材を新製品R-HX60Nの「特鮮氷温ルーム」(ラップなし)で保存した場合。
詳細はP.4の(*8)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*7) 当社調べ。新製品R-HX60N「新鮮スリープ野菜室(下段スペース)」と2013年度製品R-G6700D(「新鮮スリープ野菜室」未搭載)との比較。詳細はP.4の(*10)参照。
(*8) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷凍室下段(1段目)と冷凍室下段(2段目)との比較。詳細はP.5の(*11)参照。


■型式および発売日

※仕様の詳細についてはP.5の仕様表をご覧ください。

■需要動向
2019年度の家庭用冷蔵庫の需要は、約424万台(前年比101%)、401L以上では約180万台(前年比99%)と、堅調に推移する見込みです(当社調べ)。


■ニュースリリース全文はこちら
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/02/0214b.pdf

■お客様お問い合わせ先
お客様相談センター
電話 0120-3121-11 ※携帯電話・PHSから 050-3155-1111(有料)
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日) ※年末年始を除く

■冷蔵庫ホームページ
https://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/


以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる