企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

小型・軽量・高速SSD「HyperDisk(ハイパー・ディスク)」がアタラシイものや体験の応援購入サービスMakuakeにて2月14日(金)よりプロジェクトを公開いたします

(2020/2/15)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アイスモード社

小型・軽量・高速SSD「HyperDisk(ハイパー・ディスク)」がアタラシイものや体験の応援購入サービスMakuakeにて2月14日(金)よりプロジェクトを公開いたします




PCのデータは、OSなどシステムの根幹に関わるプログラムからPC上で動作するさまざまなソフトウェアまで、全てが内蔵ストレージに保存されます。そのため、内蔵ストレージの性能はPCの動作を大きく左右します。

近年は本体が大きく持ち運びが不便な従来の「HDD」よりも、小型で軽量な「SSD」を搭載したPCが増えています。

SSDとは




SSDは「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略称で、HDDと同様の記憶装置です。

大容量のデータを保存・保管しておく媒体としては長年HDDが使われてきましたが、近年は容量が増大したこともあり、SSDが急速に普及しつつあります。

SSDのメリット:衝撃に強い、発熱量が少ない、消費電力が少ない、読み書き速度が非常に速い、動作音が少ない、HDDよりサイズが小さく軽量で多種、PCの小型化トレンドに寄与している。

今回Makuakeでプロジェクトを公開するポータブルSSD「HyperDisk」は、米国のクラウドファンディングサイトIndiegogoにて大好評を博し、4,031名の支援者より8,500万円を超える支援金額を獲得しています。



小型・軽量・高速SSD「HyperDisk」がいよいよ日本上陸



Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/hyperdisk/
※プロジェクトページは2020年2月14日(金)18時より公開されます。


データ社会で生き抜くには、ポータブルストレージはもはや欠かせないツール。しかし、転送スピートが遅かったり、ストレージが大事な時に不足していたり、重くて持ち運びが面倒、互換性が悪い…などといった悩みもつきものです。

そんなデータ保存へのストレスを刷新すべく、誕生したのが新世代のポータブルSSD「HyperDisk」です!



製品の特徴



データ転送速度最大約1000MB/sで仕事を効率化!!

HyperDiskの読み込み速度は最大約1000MB/s、書き込み速度は最大約900MB/sで高速データ転送を実現しています。


また、M.2 NVMeと3.1 Gen 2 インターフェースによってSATA搭載のSSDより2倍、従来のHDDより10倍もスピードアップ!10GBのファイルでも、数千枚の画像データでも、わずか数秒で転送できます。



忙しいあなたの貴重な時間を節約し、仕事の効率を大幅に向上させる頼もしい1台、それがHyperDiskなのです。


軽量45g、コンパクトで持ち運びやすい

どこでも楽々持ち運べる、アクセサリーのようなハードディスク。

大きさ73.9mm×42. 8mm×10.9mm(512GBと1TB)でクレジットカードよりもコンパクト。

ポケットサイズでバッグのスペースを取らず、外出時にも最適。




最大2T、デバイスのストレージを拡充

パソコンやスマホのストレージが足りない!という悩みは、HyperDiskにおまかせください。512GB、1T、2Tの3種類からお選びいただけます。




ビジネスに必要な大量のデータはもちろん、旅行中に撮影した写真も思う存分保存でき、あなたをストレージ不足の心配から解放します。また、RAWファイルもたっぷり保存できますので、カメラマンやデザイナーにも最適です。

優れた互換性でさまざまなデバイスに対応

HyperDiskはMacやWindowsなどOSを問わず、市販されている全てのコンピューター機器に接続できます。

Type-C OTG対応のAndroidスマホ、またはiPadOS 13搭載のiPadにアダプターで接続しての高速データ転送も可能です。




さらに、PlayStationやXboxなどのゲーム機にも対応。ロード時間を短縮し、ゲームをすぐに楽しめます。

USBタイプCポートが装備されていますので、同梱のUSB Type-C to Cケーブルを使用すればiPadPro 2018に直接接続できます。

スペック




MadSpace Japanチームについて

MadSpace Japanは2010年に成立された電子製品販売会社です。私たちは「世界中の消費者に最新の消費類科電子製品を打ち出すことで、人々の生活や仕事がより便利、より面白くなること」を旨としています。

Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/hyperdisk/
※プロジェクトページは2020年2月14日18時より公開されます。

「Makuake」とは

「Makuake」は、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実 現」をビジョンとした、アタラシイものや体験の応援購入サービス。 2013年8月のサービス開始より様々なジャンルのプロジェクトが掲載されており、1,000万円を超える応 援購入が集まった大型プロジェクト実績も多数。

URL :https://www.makuake.com/

iOSアプリ :https://apps.apple.com/app/apple-store/id1274816320

Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ca_crowdfunding.makuake_android

<株式会社マクアケ 会社概要>

代 表 者:代表取締役社長 中山亮太郎 本社所在地:〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F 設 立:2013年5月1日 事業内容:「Makuake」を中心とした各種支援サービスの運営 研究開発技術を活かした製品プロデュース支援事業

U R L:https://www.makuake.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる