企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

高圧水銀ランプの製造、輸出入禁止(水銀汚染防止法の施行)に伴い 高圧水銀ランプ代替LED照明製品「高天井用LED照明」ラインアップ大幅拡充

(2020/2/18)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アイリスオーヤマ株式会社

高圧水銀ランプの製造、輸出入禁止(水銀汚染防止法の施行)に伴い 高圧水銀ランプ代替LED照明製品「高天井用LED照明」ラインアップ大幅拡充

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、高圧水銀ランプの製造・輸出入を禁止する「水銀汚染防止法」施行に伴い、高圧水銀ランプの代替製品『高天井用LED照明』のラインアップを拡充します。


 


 水俣条約(※1)を国内で実施するため「水銀汚染防止法」が交付され、本年12月31日より水銀が使用されている照明のうち一般照明用の高圧水銀ランプの製造、輸出入が禁止されます。これに伴い、国内では物流倉庫や工場、体育館で使用されている高圧水銀ランプからLED照明への改修需要が急増しています。この需要に対応するため、当社では様々な利用シーンと用途に対応できる高圧水銀ランプの代替製品『高天井用LED照明』の品揃えを強化しました。LED照明へ改修することで高圧水銀ランプと比較して消費電力を最大約82%(※2)節電できます。さらに、明るさやエリアを調整する無線制御システム「LiCONEX(ライコネックス)※3」対応製品の使用により最大約90%の省エネを実現できます。
 当社では、未だLED照明へ改修出来ていない工場や倉庫等の高圧水銀ランプを使用している施設に対してLED照明への改修提案を更に強化し、環境課題に配慮した社会の実現に貢献します。


※1:水銀に関する水俣条約とは(一般社団法人 日本照明工業会JLMAP2017より引用)


水銀の一次採掘から貿易、水銀添加製品や製造工程での水銀利用、大気への排出や水・土壌への放出、水銀廃棄物に至るまで、水銀が人の健康や環境に与えるリスクを低減するための包括的な規制を定める条約です。2013年10月に開催された「水銀に関する水俣条約外交会議」で採択され、日本も2016年に条約を締結しました。これにより一般照明用の高圧水銀ランプについては、水銀含有量に関係なく、製造、輸出又は輸入が禁止されます。 (メタルハライドランプや高圧ナトリウムランプ、また一般照明用途以外の高圧水銀ランプなどは含みません。)


■豊富なラインアップ
当社の高圧水銀ランプ代替LED照明は、大型アリーナや工場、倉庫等に適した屋内用から屋外環境に設置可能な屋外用、さらに沿岸エリアの塩害にも対応した耐塩仕様、そして高温・低温環境や、プール、クレーン設置など特殊な環境下に対応する商品まで様々なシーンと用途に対応する豊富なラインアップを取り揃えました。



■消費電力削減のメリット



1. 大幅な省エネ効果(※5)
当社のLED照明に切り替えることで、従来光源と同等の明るさを保ちながら大幅な省エネが実現します。高圧水銀ランプと比較して最大約82%の節電が可能。さらに、無線制御システム「LiCONEX」を活用することで消費電力最大約90%の削減が可能となります。
2. 発熱が少ない
発熱が少ないので、夏場の空調への影響が抑えられます。
3. 水銀を使用していない
水銀が含まれておらず、使用後の処分が水銀ランプより簡単です。


■LiCONEX導入で“快適・省エネ”な空間に


LiCONEX(ライコネックス)」は、タブレットやスマートフォンなどから無線通信で照明を操作できる当社独自の無線制御システムです。照明一台ごと、エリアごとの照明制御により不必要な点灯を制御することでさらなる省エネ効果を実現できます。LiCONEXは、2018年度「省エネ大賞」を受賞(※6)し、その省エネ効果が評価されました。
<明るさ・点灯エリアを変更>
用途に合わせて照度や点灯エリアを自由に調節でき、省エネと快適性を実現します。



※2:水銀灯400W(415W)タイプと高天井用LED照明HX200-150N-W-B(75.0W)との比較
※3:上記LiCONEX紹介参照
※4:高天井用LED照明直付型電源内蔵タイプにおいて。2020年2月1日現在。当社調べ。HXR-210-100N-W-B、HXR-210-150N-W-B、HXR210-200N-W-Bの場合
※5:当社にて想定・試算したシミュレーション。LiCONEXによるエリア毎のスケジュール設定や人感センサー、照度センサーによる調光制御を活用した一例。
※6:2018年度 省エネ事例部門 資源エネルギー庁長官賞(節電分野)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる