企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

損害車買取シェアNo.1のタウ 国内初の事故車に特化したオンライン査定システムをリリース

(2020/2/19)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社タウ

損害車買取シェアNo.1のタウ 国内初の事故車に特化したオンライン査定システムをリリース

~ ユーザビリティを追求し事故車の売却をより手軽に ~

 損害車※1買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウ(本社:埼玉県さいたま市、代表:宮本明岳)は、2020年3月より、車両情報と損傷状況を入力すると即座に買取金額を提示する、国内初※2の「オンライン事故車査定システム」の提供を開始いたします。 ※1 事故や災害等により損壊した車両のこと ※2 当社調べ


■システム開発の背景
 当社が個人ユーザーより受け付ける事故車の売却依頼数は年間約18,000件です。これらユーザーに対し実施した「売却先の決定要素」に関するアンケートでは、「買取金額の高さ」に次いで、「対応スピードの速さ」が高い割合を示す結果となりました。スピードを重視する背景には、事故をしたユーザーが「修理あるいは売却の意思決定を早くしたい」、「複数社への見積や査定の立ち合いが面倒」といった理由が挙げられます。
このような背景から、スピードや手軽さを優先するユーザーのニーズにお応えするため、車両情報と損傷状況を入力すると即座に買取金額が分かる、「オンライン事故車査定システム」」を開発いたしました。
 当社はこれまでもユーザビリティの追求を目指し、2017年に概算の買取金額の算出が可能な「事故車売却シミュレーター」を開発し、提供してまいりました。しかしながら既存のシステムでは、目安の金額しか算出ることができず、ユーザーの「売却の意思決定を早くしたい」というニーズに十分に対応できておりませんでした。
一方、このたび提供を開始する「オンライン事故車査定システム」は、目安の金額ではなく実際の買取金額を提示するもので、金額に納得いただけた場合そのまま買取申込みまで進めることができます。
 事故に遭われたユーザーに「高額修理」や「廃車」のほかに、「売却して乗り換える」という新たな選択肢を提供することで、事故車の買い取りによる経済面でのサポートを目指します。

簡単3ステップの入力画面

■システムの特徴
既存のシステムは、当社が有する世界中の中古車流通相場をもとに価格を算出しておりましたが、事故車の買取価格をより正確に提示するためには、そこから修理費用を正確に算出する必要がありました。
そこで当社は、今回の新システム開発において、ユーザーに最低限の損傷状況を入力いただくことで、自動的に修理代を算出することができる「修理代算出システム」を開発いたしました。これにより、既存のシステムと比較して価格制度が格段に向上しております。

■システムの概要
計算ロジック :世界の中古車流通相場と独自に開発した修理代算出システムによる算出
利用料    :無料
初年度利用者数:1,450件(目標値)
フリーダイヤル:0120-123-999
URL     :http://www.tau-reuse.com(サービスの提供は3月初旬からとなります)

会社名  :株式会社タウ
本社所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 LAタワー10F
代表取締役:宮本 明岳
設立   :1997年6月
売上高  :283億円(2019年9月期)
社員数  :474名(2019年9月末)
URL   :http://www.tau.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる