企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

環境ビジネスフォーラムに協賛~太陽光発電による工場・施設のエネルギー効率化に関する講演を実施~

(2020/3/12)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:エコスタイル

環境ビジネスフォーラムに協賛~太陽光発電による工場・施設のエネルギー効率化に関する講演を実施~

 太陽光発電開発事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:大阪市中央区)は、2020年3月13日(金)にオンライン開催される、環境ビジネスフォーラム『工場・施設のエネルギー効率化』に協賛します。当日は「太陽光発電による工場・施設のエネルギー効率化」をテーマに、自家消費型太陽光発電の導入に関する講演を行います。


【環境ビジネスフォーラム『工場・施設のエネルギー効率化』概要】
 近年、企業における環境に対する取組みや目的が大きく変わってきました。RE100への加盟や脱炭素に向けたビジョンの策定など、先進企業は次々と方針を発表して動き出しています。本フォーラムでは、世界の潮流や国内の法制度、政策の動向を把握しながら、先進企業の取組みや、それらをサポートするサービス等を紹介する講演が行われます。
※フォーラム特設サイト:https://www.kankyo-business.jp/event/detail.php?id=448



【自家消費型太陽光発電PPAモデル】

 自家消費型太陽光発電PPA(電力購入契約)モデルとは、電力需要家がエネルギーサービス事業者(以下、「サービス事業者」)に自社の敷地や屋根などのスペースを提供し、サービス事業者が太陽光発電システムの設置・運用・保守を行います。電力需要家は、電力購入契約に基づき電力使用料をサービス事業者に支払うスキームであります。
 初期投資額0円(※1)の同モデルを導入することにより、太陽光発電システムを所有することなく第三者所有によるオフバランス(※2)で、自家消費型太陽光発電からの再エネ由来の電力を使用できます。契約期間満了後の設備の取り扱いに関しては契約内容により異なり、電力需要家が使用し続ける場合には追加の費用が発生する場合もあります。また、PPA(電力購入契約)は個別に審査があり、契約期間や電力使用料は契約で取り決めることとなります。
「自家消費型太陽光発電PPAモデル」詳細:https://selfconsuming-solar.com/ppa/
_________________
(※1)ここでの「初期投資」とは、本システム導入に関する施工関連費用(工事代金、機器代金、設計技術費用等)を指し、金額に応じた印紙や切手など契約締結にかかる諸費用は別途かかります。
(※2)太陽光発電システムは第三者が所有することになりますので、償却資産税などの負担がありません。
オフバランス化につきましては監査法人等専門家と十分協議いただきますようお願いします。


【太陽光発電の自己託送モデル】


 自己託送とは、発電設備を保有する電力需要家が発電した電気を、一般電気事業者の保有する送配電ネットワークを利用して他地域の工場等に送電する一般電気事業者のサービスであります。
 当社は、電力需要場所の立地条件・建物の強度不足等により太陽光発電システムを設置できない電力需要家に対して、自己託送を利用した太陽光発電による脱炭素ソリューションを提供しています。

■太陽光発電の自己託送モデル スキーム
 全国の土地付太陽光発電所の開発から自己託送を利用するための各種契約、契約中の小売電気事業者との調整、さらには太陽光発電電力を利用するための発電計画の作成代行までトータルでサポートします。

「太陽光発電の自己託送モデル」詳細:https://www.taiyo-co.jp/service/self-consignment/


【エコスタイル × SDGs】


 当社では事業活動を通じてSDGsの達成に貢献することを目指しております。永続的に利用できる再生可能エネルギーを普及・促進させることで、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行します。
( 7 ) エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
( 9 ) 産業と技術革新の基盤をつくろう
(11) 住み続けられるまちづくりを
(13) 気候変動に具体的な対策を


【会社概要】
■株式会社エコスタイル

所在地 大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
東京本部:東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティビル2階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 投資型太陽光発電事業
自家消費型太陽光発電事業
電力小売事業
太陽光発電事業
実績 10,951件・489.1MW(2020年2月末日時点、太陽光発電開発施工実績)
URL https://www.eco-st.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる